家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ 秋から始める、トライのプロコース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

東京都の家庭教師情報

  • 東京都の家庭教師会社をランキング!
  • 料金相場、評判や口コミ情報!
  • 簡単比較で、詳しい資料も無料で一括請求!

東京都の家庭教師ランキング

loading
学習支援金プレゼント

ぴったりの家庭教師を探す

郵便番号

お子さんの学年

目的

東京都の主な市区町村から家庭教師を探す

足立区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 豊島区 中野区 練馬区 八王子市 府中市 町田市 港区 目黒区

ぴったりの家庭教師を探す

郵便番号

お子さんの学年

目的

東京都の家庭教師の料金相場

東京都の学年別家庭教師の料金相場(月の指導料)

学年 平均料金 最低料金 最高料金
小学生 26,614円 19,800円 38,490円
中学生 31,500円 10,000円 112,266円
高校生 30,417円 22,500円 36,000円

東京都の金額別利用割合(90分あたりの指導料)

料金帯 利用割合
1,500~3,499円 1.6%
3,500~5,499円 16.4%
5,500~7,999円 55.7%
8,000~9,999円 14.8%
10,000円~ 11.5%

東京都の学習に関連する情報

東京都の家庭教師の傾向は?

平成28年度全国学力・学習状況調査で、東京都の正答率は小中学生ともに全国平均を上回り、全国との差は小学生で1~3%、中学生は1~2%でした。特に中学生においては携帯電話やスマートフォンの使用時間が全国より長く、30分未満と4時間以上では正答率に最大で19.4ポイントも差がついていることから、今後の成績に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

東京都の家庭教師はお子さん一人ひとりに合った学習プランに沿って指導を行い、勉強と自由時間のメリハリをつけていきます。お子さんの性格を理解した上で指導を進めてくれるので、親御さんの言うことをなかなか素直に聞いてもらえないという状況でも、安心して任せることができるでしょう。

近隣の大学と偏差値

東京都には100校以上の大学・キャンパスがあります。
国公立・私立問わず様々な学部が設置されていて偏差値が高い大学も多いので、希望や条件に合う学生家庭教師を見つけやすいでしょう。
何よりお子さんとの相性が大事なので、しっかり見極めた上で依頼することをおすすめします。

東京大学:偏差値64~78
東京医科歯科大学:偏差値51~74
お茶の水女子大学:偏差値51~61
青山学院大学 青山キャンパス:偏差値50~56
首都大学東京:偏差値47~56
電気通信大学:偏差値50~52
大妻女子大学:偏差値36~46
亜細亜大学:偏差値39~42
上野学園大学:偏差値-

※偏差値は、駿台模試において合格率80%に相当する数値です。

東京都の高校受験について

東京都で公立高校受験をお考えの方は、家庭教師センターを利用することで受験情報の確認や対策が取りやすくなるので、ぜひこの機会にご検討ください。

東京都の公立高校入試(学力検査に基づく入試)では、学力検査の結果と調査書が主な選考資料となっています。

募集区分によって教科数や比率が異なり、第一次募集と分割前期募集においては5教科(国・数・英・社・理)で学力検査と調査書の比率が「7:3」、分割後期募集と第二次募集においては3教科(国・数・英)で比率が「6:4」です。

また、高校によっては学力検査に加えて面接や小論文または作文、実技検査を実施します。面接を実施する場合は、自己PRカードを面接資料として活用しますが、点数化はされません。

学力検査は各教科100点、調査書との合計は1,000点満点です。さらに面接や作文、実技検査を受ける場合は1,500点満点となっています。

東京都の教育ビジョン

東京都は、「知」「徳」「体」「学校」「家庭」「地域・社会」「オリンピック・パラリンピック教育」の7つの柱で構成した『東京都教育ビジョン』を策定しています。

【取り組みの方向性】
1.個々の子どもに応じたきめ細かい教育の充実
2.世界で活躍できる人材の育成
3.社会的自立を促す教育の推進
4.子どもたちの健全な心を育む取組
5.体を鍛え健康に生活する力を培う
6.オリンピック・パラリンピック教育の推進
7.教員の資質・能力を高める
8.質の高い教育環境を整える
9.家庭の教育力向上を図る
10.地域・社会の教育力向上を図る

「個々の子どもに応じたきめ細かい教育の充実」では、
〇基礎・基本の定着と学ぶ意欲の向上
〇理数教育の推進
が主要施策として挙げられています。

東京都の奨学金制度

東京都では、勉強意欲があるにも関わらず、経済的な理由によって修学が困難な方を対象とした「東京都育英資金」という無利息の奨学金制度を設けています。

申し込み資格には、
〇国・公・私立の高校または専修学校、都内に所在する高等専門学校または専修学校(専門課程)に在学していること
〇申込者を扶養している方が、貸付を開始する月の初日に共に住所が都内にあること
〇勉学意欲があり、経済的理由により修学が困難なこと
〇同種の奨学金(給付制のものを除く)を他から借り受けていないこと
などがあります。

貸付月額は、
【高校、専修学校(高等課程)、高等専門学校】
国公立:18,000円、私立:35,000円
【専修学校(専門課程)】
国公立:45,000円、私立:53,000円
となっています。

その他の詳しい情報は、東京都の公式ホームページにてご確認ください。

家庭教師の派遣対象になる東京都の学校例

▼小学校
国立東京学芸大学附属世田谷小学校、国立お茶の水女子大学附属小学校、国立筑波大学附属小学校、町田市立南大谷小学校、八王子市立元八王子小学校、千代田区立麹町小学校、新宿区立愛日小学校、品川区立伊藤小学校、私立暁星小学校、私立青山学院初等部 など

▼中学校
国立東京大学教育学部附属中等教育学校、国立筑波大学附属中学校、町田市立堺中学校、八王子市立元八王子中学校、新宿区立新宿中学校、私立桜蔭中学校、私立開成中学校、私立麻布中学校、私立駒場東邦中学校、私立慶應義塾中等部 など

▼高校
国立お茶の水女子大学附属高校、国立筑波大学附属高校、国立筑波大学附属駒場高校、都立世田谷総合高校、都立八王子東高校、都立町田高校、都立府中高校、私立慶應義塾女子高校、私立開成高校、私立麻布高校 など

東京都の家庭教師センターに資料請求しませんか?

東京都にお住まいのみなさん、「家庭教師が気になる…」という方も、「学習塾に通っているから…」という方もぜひ資料請求だけでもされてみませんか?

実は、家庭教師を塾のフォローとして併用されている方もとても多いです。

未来あるお子さんにとって早い段階での指導のスタートは後々大きな差となって表れます。思い立った「今」がスタート時期です。

資料は無料で請求できます。さらにこちらからなら2万円プレゼントのチャンスもあります。

経験ある東京都の家庭教師に、お子さんの目標達成のお手伝いをしてもらいましょう。資料請求、お話だけでももちろん構いません。いつでもお気軽にご利用ください。

ぴったりの家庭教師を探す

郵便番号

お子さんの学年

目的

支援金プレゼント
かてきょ診断。簡単な質問に答えるだけで、お子様に合う家庭教師センターを診断!