家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ 秋から始める、トライのプロコース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

個人契約と家庭教師センターの違い

ここでは、家庭教師・比較くらべーるが考える「個人契約」と「家庭教師センター」の違いを簡単にご紹介いたします。
個人契約と家庭教師センターが異なることは分かるけど、具体的にどこが?と言われると困ってしまう方も多いです。しっかりと比較・検討して、どちらがよいか決めることをオススメします。

個人契約の方が料金は安い

まず、ほとんどの場合、個人契約の方が料金は安いです。
家庭教師センターの取り分である紹介料や、管理費がかからないので、当然と言えます。

ただ、個人契約の場合、話し合いで指導料が決まるので、注意が必要です。
相場がよく分かっていないと、かえって高くつくこともありえます。

また、個人契約の紹介サイトを経由すれば、選択肢は多く、費用感も選べます。ただ、紹介サイトは管理費はかかりませんが、紹介料はかかるのでご注意下さい。

もし、個人契約を行う場合は、契約はしっかり結びましょう。なぜなら、個人契約で一番多いお悩みが、「料金トラブル」です。
「指導料はいくら」「1回何分間指導する」「実際何分間指導した」などのことを、しっかりと家庭教師とご家庭の方で管理しあう必要があります。

個人契約と家庭教師センターの違い

情報が豊富なのは家庭教師センター

家庭教師側の視点に立つと、個人契約だと後ろ盾がないということになります。
特に学生講師では、そもそもの学習指導や受験対策についての十分なノウハウや経験がありません。プロの講師でも、個人で家庭教師をやっている期間が長ければ長いほど、最新の受験情報から遠ざかっている可能性が高いです。

その点、家庭教師センターの場合は、多くの家庭教師が集まるので、それぞれの情報をセンターに提供していますし、センター側も講師に情報を提供します。
そのため、個人契約よりも家庭教師センターの方がずっと情報量が多くなります。
また、学生講師に指導の仕方を研修しているので、最低ラインの指導力は保障されます。

個人契約は自己責任

3家庭教師センターでは、管理費や、授業料の一部を取り分としています。
その料金には、それなりの意味があります。

  • 家庭教師とご家庭の条件や相性を見極めるためにかかる講師選考費
  • 契約をしっかり結び、管理するためにかかる費用
  • 生徒さんや家庭教師を集める広告費
  • 指導に役立つ受験情報などを収集・提供するためにかかる費用
  • 指導時間の管理ツールの開発や運用費
  • 万が一のセクハラ・窃盗などの事件のトラブル対応の人権費など

などです。個人契約の方が料金がお安いのは、これらを家庭教師センターに行ってもらわないで保護者の方が行うためです。
つまり、何か家庭教師とトラブルが起こった際には、保護者の方だけで対処しなければなりません。

例えば、家庭教師の指導を受けるのをやめたくなった時も、直接やりとりをしなければなりません。家庭教師とどうしてもそりが合わなかったり、成績が上がらなかったり、逆に一定の効果が出たため、生徒さん自身でがんばってみたくなったり・・・理由はそれぞれだと思います。
ただ、どう伝えるかは自由ですが、どの理由でも家庭教師に「やめる」と伝えることは義務です。
そこまで自己責任だと覚悟して、個人契約は結びましょう。

個人契約と家庭教師センターの違い

この個人契約は絶対NG!

こうしてみると、個人契約のリスクが分かります。
そこで、最初は家庭教師センターを利用される方がとても多いです。
その中で、次のように考える方もいらっしゃいます。

「素敵な家庭教師と家庭教師センターを通じて知り合った。
 ただ、どうしても授業料が高い。個人契約を結んじゃおうかしら・・・?」

一度ちゃんとした契約関係も結んだ指導も行ったことがあるし、そのままの契約を家庭教師センターを通じずに結べば安心、と考えられるそうです。しかし、家庭教師センター経由で出会った家庭教師との個人契約は絶対にやめましょう。

契約書を見てみると分かるのですが、家庭教師センターを通じて知り合った人同士の個人契約を禁止しています。
ご家庭の方で結んでいなくても、家庭教師の方はほぼ100%結んでいます。
そのため、もし個人契約をして、そのことが家庭教師センターに知られた場合は、多額の損害賠償を要求されることになります。

法外な金額は弁護士に介入してもらえば下げることはできます。しかし、一定額以上は本当に支払いの義務が生じます。家庭教師センター経由の個人契約は絶対にやめましょう。

家庭教師に少しでも興味を持たれた方に、生徒さんに合った家庭教師センターをご紹介します!

ここまでご覧頂きありがとうございました。
もしこの個人契約と家庭教師センターの違いをご覧になられて、家庭教師センターで家庭教師を探したいと思われた方は、「家庭教師診断」へお進み下さい。

生徒さんの性格状況、お住まいの地域などを踏まえまして、生徒さんにあった家庭教師センターをご紹介します。
ただ、ここでお1つお願いがあります。
資料を請求する際は、複数請求し、比較 検討することです。
家庭教師と一括りにしても、家庭教師センターごとに色々と異なります。1つの家庭教師センターの資料だけでは、判断が難しいからです。

それでは、診断にお進みください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント