家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【受験生に贈る言葉】2015年直前版

目標に向かって長い戦いとなる受験生、時には心が折れてしまったり投げ出したくなる時もありますよね。

デリケートになっているお子さんには、どんな言葉を掛けたら元気になってくれるだろうと悩むところです。
そこで、努力を重ねてきた人たちの素敵な言葉をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

素敵な言葉に勇気をもらいましょう!

ここでご紹介するのはスポーツ選手の言葉です。受験生の皆さんとは違うようで、実は共通している部分がたくさんあります。

常に努力を重ね全力で戦っている選手の姿を見て、彼らの考えの一端を知ることで心に響くものがあるのではないでしょうか。

諦めない、日々の努力を怠らない

「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。」

これはイチロー選手の言葉です。プロ23年目を迎え素晴らしい記録を数々残しているイチロー選手も、もちろん壁にぶつかっています。
それでも諦めることなく更なる努力をして乗り越えているのです。心が折れてしまいそうな時にぜひ思い出してほしい言葉です。

「目標がその日その日を支配する。この教えを胸に、僕は新たな道を切り拓く。」

これは松坂大輔選手の座右の銘です。まさに、受験生にぴったりの言葉ではないでしょうか?
受験の目標は一人ひとり異なります。将来を見始めた受験生の皆さんも、将来の自分の目標に向かって日々着実に努力をすることが大切です。

心が折れても、まち立ち上がる強さ

第一線で活躍している選手が皆、常に強気でいるわけではありません。人間なので挫折ももちろん経験しています。ここで2つの言葉を紹介します。

「後悔する、弱音も吐く、だけど必ず前を向く」 田臥勇太(バスケットボール)
「負けを知った時、初めて勝つことができる」 北島康介(水泳)

このように『負けた』ことにより得るものは大きく、だからこそ強さを持って立ち向かっていくことができるのです。
受験は自分との戦いです。学習しているのに模試などの成果に直接結びつかないなど、受験勉強の最中に思い悩む受験生も多いでしょう。

そんな時は弱音を吐いてもいいんです、その悔しさをバネにして明日から更に頑張ろうと気持ちを切り替えることが大切です。前向きな気持ちの先には合格が待っています。

受験生の皆さん、挑戦する気持ちを忘れず、確実に志望校に届く実力を手に入れられるよう受験本番までの日々を大切に過ごしてください。

学習支援金プレゼント