家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【今からでもできる体調管理】当日に体調を崩さないために

お子さんが受験本番で実力を100%発揮するためには、学習とともに体調管理が重要です。

日々の生活の中で気をつけることをご紹介しますので、早速実践してみてください。

大切なのは「食事と睡眠」

体調管理の柱は「食事と睡眠」です。この2本柱をしっかり立てられれば、風邪などのウイルスに負けない身体づくりができます。
本来ならば「運動」も入れたいところですが、受験生は運動をする時間を取ることは難しく、登下校などで歩いたり活動していることを前提にこの項目は省きます。

丈夫な体を作る食事と食物

「健康な食生活を心掛けること」これが受験生の食事で大切です。バランスのとれた食事を決まった時間にとることを基本に、脳の働きを良くする栄養素を十分取り入れて記憶力・集中力を良くして、勉強の効率をアップさせましょう。

特に大切な栄養素はDHAです。脳や神経組織の発育に重要な役割を果たす大切な栄養素ですが、身体の中で作り出すことができないので青背魚から摂りましょう。

またビタミン類の摂取も大切です。特にビタミンB群が不足すると疲労感や眠気、ストレスを感じるようになる上、ストレス過多になるとビタミンB1の消費が激しくなります。
このことからビタミンB群は受験生にとって大切な栄養素ということがわかります。多く含む食品は豚肉・ゴマ・アーモンド・カシューナッツ・牛乳・納豆などがあります。間食としても摂取できるものもあるので工夫してみるのもよいでしょう。

食事の時間はリラックスタイム

バランスの良い食事以外に食生活で注意するポイントは、
①消化の良い食事 ②必ず朝食をとる ③間食を摂り過ぎないの三点です。

ストレスが溜まりやすい受験生にとって、食事の時間は気分転換になります。家庭ではできるだけ孤食を避け、楽しい食卓作づくりを家族が協力して心掛けましょう。

集中力アップには十分な睡眠を

食事に並び、十分な睡眠も受験生にとって大切です。勉強したことを脳に定着させるには、最低6時間の睡眠が必要であると言われています。

睡眠不足は免疫力を低下させ、風邪などにかかりやすくなるので勉強効率がグッと下がってしまいます。睡眠不足は蓄積するほどストレスにも繋がり「うつ」状態に陥ることもあるので、睡眠時間を削って勉強をするのは本末転倒です。

集中力をアップさせるために「勉強をやめて寝る時間を必ず決める」という方法があります。時間制限があると認識した方が集中力が増して、勉強の内容がより濃くなるからです。

食事と睡眠に気をつけて万全の体調で力を発揮し、志望校の合格をつかめるよう応援しています。

学習支援金プレゼント