家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

成績の伸び悩み~塾だけでは不安な方のパターン別対策法

お子さんを塾に通わせているけど、成績が伸び悩んでいて受験に間に合うのだろうか?という不安をお持ちの方も多いかと思います。

だからといって今から塾を変えてみたり、家庭教師に移行してみたりしても大丈夫なのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします!

伸び悩みの原因

塾での勉強の仕方には、「塾での指導にプラスして自主学習もしている」「なんとなく授業を受けている」「授業中にただ座っているだけ」の3つのパターンがあります。

それぞれのパターンごとに、伸び悩みの原因と対策法をご紹介します。

塾での指導にプラスして自主学習もしている場合

自主学習をする姿勢は、とても素晴らしいです。しかし、「学習の方向性が受験の方向性と合っているのか」を今一度確認しましょう。

お子さんが自分だけで確認をすると思わぬ落とし穴に気づけないことがあるので、受験指導をしている先生などに確認をお願いすると良いでしょう。

なんとなく授業を受けている場合

なんとなく授業を受けているお子さんの場合、学習へのモチベーションが低いことに加えて、受験することの意味が分からなくなっている可能性があります。

まずは受験のイメージを明確にすることから始めて、学習の方向性を決めていきましょう。

お子さん一人では難しいかと思うので、家庭教師にお手伝いをお願いしてみると良いでしょう。できれば3ヶ月以上、じっくりと付き合ってくれる先生が望ましいです。
先生についていくうちに、自然と一人でも学習できるようになるはずです。

授業中にただ座っているだけの場合

このようなお子さんの場合、モチベーションを上げることを第一に考えます。

受験後の自分の姿をイメージさせると憧れや楽しみを見つけることができるので、受験に対する興味が湧いてモチベーションのアップにつながります。

このような作業は、家庭教師が得意とする分野です。塾や予備校とは違い、家庭教師は常に双方向の授業を行います。
「なぜ学習に取り掛かれないのか」「なぜ受験に目が向かないのか」という根本的な部分からお子さんと対話をし、興味を引き出すことができます。

「今」足りないものを補完しましょう

これまでご紹介したどのパターンのお子さんでも、塾を変えたり辞めたりするという方法はおすすめしません。

なぜなら、塾に通うことで何となくであっても少しずつ受験勉強を進めてきているからです。受験が目前に迫っている時期は、「今」足りないことを補完することを考えてください。

やるべきことをやれば必ず合格につながります。まずは目標を持つこと、そしてその目標への道程を見誤らないようにすれば大丈夫です。

学習支援金プレゼント