家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

最適な睡眠時間は年齢によって違う!?あなたのお子さんの理想的な睡眠時間は?

学習効率を維持するためには、睡眠が重要です。

赤ちゃん・幼児・小学生・中学生・高校生・成人と、それぞれの年代によって必要な睡眠時間は異なりますが、あなたのお子さんはしっかりと眠れていますか?

年齢ごとの理想的な睡眠時間の目安を紹介します。

睡眠のパターンは人それぞれ

子どもにとって睡眠は必ず必要なものです。しかし、どのくらいの睡眠時間が必要なのかは人によって異なります。

短い睡眠時間でも健康に過ごせるショートスリーパータイプ、平均よりも多くの睡眠時間を必要とするロングスリーパータイプ、細切れ睡眠が必要なタイプなど、睡眠のパターンは千差万別です。

まずは、お子さんがどのような睡眠パターンなのか観察してみましょう。

理想的な睡眠時間

それぞれの年齢ごとに必要な睡眠時間は、次のように考えられています。

幼児期(1~3歳)…12~14時間
学童前期(3~5歳)…11~13時間
学童期(6~12歳)…10~11時間
中高生(11~17歳)…8.5~9.25時間

身体が大人に近づいてくる10代後半になると睡眠も短くて済むと思ってしまいがちですが、実際は8時間以上の睡眠が理想的です。成人になっても、7時間程度の睡眠は必要であるという説もあります。

お子さんにとって最適な睡眠時間を把握しましょう

理想的な睡眠時間はあくまで理想であって、個人により最適な睡眠時間は異なります。

小学校高学年以上になると、勉強や習い事で理想的な睡眠時間を確保することが難しくなってきます。ご家庭ではお子さんにとって最適な睡眠時間を把握し、普段からどの程度の睡眠時間を確保できているかチェックしておくと良いでしょう。

最近では、ノンレム睡眠とレム睡眠を測る腕時計型の測定器やアプリもあります。お子さんの睡眠のタイプがつかめない場合には、こういったものに頼ってみるのも一つの方法です。

最適な睡眠時間を把握することができれば、お子さんの健康のバロメーターとしても使えます。心の健康が乱れると眠れなくなったり、体調が優れないといつもより多く眠ったりといった症状が現れやすくなります。

たかが睡眠ですが、されど睡眠です。受験本番に向けてしっかりと睡眠をとってベストの状態で臨みましょう。

学習支援金プレゼント