家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

受験は家族一丸で!受験前のサポートいろいろ

幼稚園受験・小学校受験・中学受験・高校受験・大学受験と、3歳から10代後半まで受験に臨むお子さんの年齢は様々です。
しかし、お子さんがどの年齢であっても受験は本人だけが取り組むのではなく、家族が一丸となって受験に取り組まなければなりません。

今回は、ご家族が受験生のお子さんをサポートする時に気をつけるべきポイントを紹介します。

生活リズムをワンパターン化しよう

お子さんの生活リズムは、ワンパターン化されていますか?

何時に起きて、何時に朝食を食べて、何時に夕食を食べて、何時に眠りにつく…一日のうちで核となる行動をワンパターン化して習慣づけておきましょう。

ワンパターン化しておけば、意識しなくても自然と身体が動くようになります。勉強以外の他のことに気を使わず、無意識に行動できるようになれば、受験勉強により集中することができます。

生活リズムをワンパターン化することは、お子さん一人では難しいと思いますので、ご家族の協力が重要になってきます。

食事は、心と体の健康バロメーター

生活リズムをワンパターン化できれば、1日3回の食事の時間が規則的になります。そうすれば、勉強に取り組むタイミングも安定してきます。

また、食事を美味しく摂れるということは心と体の健康バロメーターにもなります。お子さんが何を好んでいるか、どのくらい食べているかなど、食事の摂り方も見てあげてください。

できれば、朝食はご飯とお味噌汁を中心の献立にすると良いでしょう。腹持ちの良い食材を選ぶことで、余裕を持って勉強に取り組むことができます。昼食は高タンパクな食事にして、デザートも添えて一息できるように心がけましょう。夕食は、身体を温める食材を取り入れてみてください。身体を温めれば免疫力もアップし、感染症に負けない身体になります。

感染症予防は、家族全員で!

風邪などの感染症を家族の中で移し合ってしまっては大変ですので、感染症予防は家族全員で取り組みましょう。

感染症は、主に手に着いた感染源を口から体内に入れてしまうことが原因です。ですので、食べる前には必ず手洗いをしましょう。このときのポイントは、「水でよく流す」ことです。

石鹸で手を洗うことも効果がありますが、感染源を流してしまう方がより効果的です。水で流せない場合は、ウェットティッシュなどで拭き取ってしまうと良いでしょう。

数ヶ月先の笑顔のために…

以上、3つのポイントを押さえておけば、受験生のサポートは万全です。ご家族の方も大変かと思いますが、数ヶ月先に家族みんなで笑顔になれるように頑張りましょう。

学習支援金プレゼント