家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

受験本番まで残り1年!2年生の今からすべきこと

現在2年生のみなさんにとっては、受験本番まで残すところ1年と少しです。

大事なこの時期にチェックしておきたいことをたくさん紹介しますので、こちらのコラムを参考に受験生になる前の今すべきことをしっかりと整理して、ライバルに差をつけましょう!

受験を意識し始めたら…

このコラムを読まれている方は、受験生になる前からすでに受験に目を向けられている方ということでしょう。つまり、受験を見据え、受験への最初の一歩を踏み出されたということです。では、何から始めれば良いのでしょうか?

まずは、現在の学習到達度をチェックしましょう。「理解できている部分」と「躓いている部分」を把握します。
可能であれば、家庭教師など今後お子さんを指導してくれる人の目の前で問題を解いて、学習到達度をチェックしてもらうと的確に診断してもらうことができます。

次に、模試にチャレンジしてみましょう。模試を受けると、「偏差値」という物差しでお子さんの傾向を把握することができます。信頼できる偏差値を得るためには、ある程度の規模(受験生の数が多い方が望ましい)の模試を受けなければなりません。

この冬から春にかけて1~3回程度、できれば複数回受けると良いでしょう。

4月からはいよいよ受験生に!

4月に入って3年生になれば、受験生としてスタートします。

できれば、4月になった時点で志望校が固まっていた方が望ましいです。でも、もし決まっていなくても焦る必要はありません。
一人ひとりの実力の上昇度合いと全体で見た時の上昇度合いは違いますが、実力は学習を続ける限り上がり続けるので、焦りは禁物です。

ご家庭では、受験生となるお子さんの心身の健康を含めて、きめ細やかなサポートを心がけてください。ポイントは、お子さんに対してもご両親自身に対しても「おおらか」であることです。

受験までの1年は振り返ってみれば短い時間ですが、渦中にいる間は心身ともにすり減ってしまうくらい緊張した時間が続きます。
細かいことが気になってしまうこともあるかもしれませんが、できるだけおおらかに過ごし、ご家庭一丸となって受験を乗り切りましょう。

学習支援金プレゼント