家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

もうすぐクリスマス!遊びたいお子さんに、どう対応するべき?

間もなく、待ちに待ったクリスマスです!日本では友達や皆で楽しむイベントとなっていますが、本来は日々の生活に感謝しながら家族で一緒に過ごすものです。

どうしても友達と遊びたいと考えてしまいがちですが、12月は体調を崩しやすい時期で受験も間近に迫っているので、なるべくなら日常生活の維持に努めたいところです。

遊びに行きたいお子さんにどう対応すれば良いのか、タイプ別の方法をご紹介します。

楽しいことを優先してしまい、親の言うことをすぐに実行できないタイプ

テレビやゲームなどの楽しいことを優先しがちなお子さんの場合は、家庭教師や塾といった予定を入れておくことをおすすめします。

一日のうちのたった数時間であっても、楽しみのために気を緩めると再び気を引き締めることが難しくなりやすいタイプだからです。
授業などの第三者との約束を入れることで、気持ちが楽しい方に流れるのを止めることができます。

クリスマスのお楽しみは、予定が終わった後の家族団らんの時間にとっておきましょう。

言われたことをすぐに実行できるタイプ

このようなタイプのお子さんは、言いつけをスムーズに実行することができるので、「何時までに何をするのか」としっかりと約束を決めてクリスマスを楽しみましょう。

お子さんの自主性を尊重するのはとても素晴らしいことですが、必ず親の目も光らせておいてください。

何も言ってこないタイプ

特別に自分の要求をアピールしないお子さんの場合、基本的にクリスマスは家族と楽しむものと認識して良いでしょう。

交友関係を知っているのであればそれとなく聞いてみても良いのですが、話をしない分、自分の中でしっかりとスケジュールが考えられているかもしれません。
お子さんが自分で決めたスケジュールを把握し、必要があればアドバイスをしてあげましょう。

少し先の自分をイメージしましょう

クリスマスの時期は、大人でも気分がウキウキしてしまうようなイベントシーズンです。

受験生やご家族にとってはクリスマスを心から楽しめるものではないかと思いますが、ご家庭で簡単な飾りつけをしてみたり、当日はささやかなディナーやケーキを楽しんでみたりしてはどうでしょうか?

本来のクリスマスは静かに穏やかに、幸せをかみしめながら過ごす時間です。健康であること、受験にチャレンジできることの幸運を改めて考えてみる良い機会です。
受験の1年は、過ぎ去ってしまうまでは本当に大変な時間です。成長している自分をイメージしながらこの時期を乗り切っていきましょう。

みなさんが充実した日々を過ごされることをお祈りしています。

学習支援金プレゼント