家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

みんなはどうしてる?受験生の年賀状

日本人の古き良き慣習である年賀状。そろそろ準備をしないと間に合わない時期ですが、受験生にとっても大詰めの大変な時期です。

年賀状を書くように促すべき?書かなくてもいい?他の家庭はどうしてるのか気になりますよね。

年賀状の効力とは?

お正月と言えばおせち料理に鏡餅、そして年賀状を思い浮かべる方が多いでしょう。

大人になればなる程、旧友や元同僚など縁があっても物理的に遠く離れてしまった人たちとのやりとりで、年賀状は大きな役割を果たしています。
SNSが生活に浸透している今の時代であってもなお、年賀状の持つ威力は静かに続いています。

受験を控えたお子さんの場合、塾や学校で毎日のようにお友達と顔を合わせています。

大人とは違い、物理的に離れているということは少ないのではないでしょうか?
そんな彼らにとって、年賀状の持つ効力はあまり大きくはありません。そして、やみくもにたくさんの年賀状を書く時間もないのです。

年賀状は書くのが大変!

ご家族がサポートするのであれば、お子さんが簡単に書けるように文字を書くスペースが少ないデザインの年賀状を用意してあげてください。

お友達の住所などを話したがらないお子さんもいると思うので、そこはお子さんの自主性に任せて、書く手間のかからないデザインの年賀状を手に取れる場所にそっと置いてあげてください。

女の子の場合、先生に決意表明をしたり友達同士で励ましあったりなど、書くという行為によりストレスを発散させ新たなパワーを呼び込むことにも繋がることが多いです。
男の子の場合は、会えない時間も切磋琢磨していることを仲間同士で確認したりもできるでしょう。

今年は、お子さんの自主性に任せましょう

私たち大人の世界では、筆不精よりは筆まめであるほうが良いということは共通認識だと思います。

年賀状を書くことは基本的には良いことに分類されますが、今年だけは年賀状を書くという行為に重点を置かないようにしてください。
お子さんの自主性に任せ、書きたいなら書きたいだけ書いていいよというスタンスで過ごしましょう。

ご家庭では「書いた?」とも「書く?」とも言わずにただ淡々と、ご自身の年賀状の準備を続けてください。
すべきことは、「書くスペースの少ないデザインの年賀状を用意する」ということだけです。

学習支援金プレゼント