家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

うちの子は大丈夫?「受験うつ」

「受験うつ」とは、受験期に発症したうつ病の通称です。

受験生は、「受験」というこれまでの人生で最大の試練に直面します。「不合格になると、人生が大きく変わってしまうのかもしれない」という不安を感じながら日々の勉強に励まなければならず、受験期がうつ病の発症要因となってしまうことがあります。

受験うつを重症化させないためには、ご家族による早期発見とサポートが重要になります。今回は、受験うつの初期症状と対処法についてご紹介します。

受験うつの初期症状

うつ病はあらゆる世代にみられる精神障害で、症状の現れ方に年齢差はほとんどありません。

発症年齢の平均は40歳と言われていますが、最近では20歳以前に発症するケースも増えていて、受験生がうつ病を患ってしまうことは珍しいことではありません。

うつ病の初期段階に現れるわかりやすいサインには、「気分が落ち込む(元気がなくなる)」「眠れない」「食事がとれない」の3つが挙げられます。
受験が原因でうつ病を発症した場合は、気分の落ち込みがひどくなることが多いようです。

うつ病かも?と思ったら

うつ病というと、薬による治療を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、症状自体を薬で抑えることができても、副作用が表れてしまうことがあります。
例えば、排便の調子が悪くなるなど普段なら気にならない些細なことであっても、受験期においては大きな影響を与えてしまうこともあるので、薬の選び方には注意をしたいところです。

自分に合う薬を見つけるまでに時間がかかる場合もありますが、受験生にとっては一日一日が勝負の時で、治療だけに長い時間を掛けるわけにはいきません。
そうならないためにも、受験生の周りにいる大人が受験生の様子を見守り、気になる様子が見られたら早めに専門家に相談することが大切です。

学校にいるスクールカウンセラーに相談してみるもの良いでしょう。スクールカウンセラーには多くの生徒を診てきた経験があるので、良いアドバイザーとなってくれるはずです。

うつ病は症状の現れ方が人それぞれですので、専門家のサポートを得ながらご家族でサポートしていきましょう。

受験生だけでなく、ご家族の心の健康も

受験生をサポートすると同時に、ご家族の心の健康も大切にしてください。

お父様やお母様にも食欲や睡眠の変化が出てくることがありますが、そんな時は我慢せずに早めに対処しましょう。

親御さんは自分のことを二の次にしてしまいがちです。しかし、受験生とご家族全員が健康であることが、合格を勝ち取るためには必要なことなのです。

学習支援金プレゼント