家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

ライバルに差をつけるなら、2年生の今からスタートを!

中学2年生・高校2年生のお子さんをお持ちの親御さん、「受験はまだ先だから…」なんて思っていませんか?

受験は遠い未来のことではなく、ご自身も1年後には受験生の親真っ只中です。

今の時期から早め早めの対策をしておくと、余裕を持って本格的な受験生活をスタートすることができるので、今回は今できることをご紹介します。

受験生活をスタートさせる前に

学校の授業をきちんと理解できていれば、1年間の受験生活を経て合格というゴールへと辿りつくことができます。しかし、受験生活に入る前に、スタートラインに立てるかどうかを見極める必要があります。

このスタートラインに立つには、学校の授業だけで十分なお子さんもいれば、塾や家庭教師の手助けが必要なお子さんもいます。いずれにせよ、スタートラインに立てるかどうかの学習到達度を客観的に判断する必要があることは言うまでもありません。

全国模試にチャレンジしましょう

まずは、模試にチャレンジしてみましょう。

受験者数が多く全国規模の模試が良いでしょう。模試の結果からは、自分が平均からどの位置にいるのかを客観的に知ることができ、学習到達度を知ることもできます。

また、模試の会場では受験当日の臨場感を感じることもできるので、本番へ向けて士気を高めることにもつながります。

受験のプロに頼ってみる

模試の雰囲気が苦手で受けられない場合には、受験のプロに判断してもらう方法もあります。受験のプロは、お子さん一人ひとりの性格を考慮しながら現状を分析し、有効な対策を立てることができます。

中学生・高校生ともなれば大人の入り口に差し掛かっている年頃で、お子さんの個性を無視することはできません。家庭教師などの受験のプロは、お子さんと正面から向き合いながら指導を行うことができます。

ご家族は受験生のサポーター

スポーツ選手にコーチやトレーナーが必要なように、受験生にもコーチやトレーナーが必要で、塾や予備校の先生・家庭教師がその役割を担います。

ご家族は、受験生のサポーターとなって身近なところから心身の健康を支えてください。受験のチャンスはたった1回ですが、その準備に必要な時間や道のりはみんな違って、サポーターの力が大きな支えになります。

お子さんと親御さんで二人三脚で、合格というゴールを目指しましょう。

学習支援金プレゼント