家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

個人契約の家庭教師と家庭教師会社の料金どっちが安い?

家庭教師と個人契約するか、家庭教師センターにお願いするか料金面ではどのように違うのでしょうか?コスト面だけでいうと圧倒的に安いのは個人契約です。

しかし、家庭教師派遣会社は価格が高い分、それに見合うメリットがあります。そのため、冷静に判断すれば派遣会社は高い料金であるとは言い切れないかもしれません。

総合的に考えて、どちらの方がコストパフォーマンスがいいのか考えてみましょう。

派遣会社の授業料は個人契約の2.5倍?それぞれのメリット・デメリット

派遣会社の授業料は、個人契約と比べておよそ2.5倍と言われています。授業料の他に入会金などの費用も必要です。
そのため、個人契約の方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いと考える方がほとんどではないでしょうか。しかし、個人契約では以下のようななリスクが考えられます。

●先生の学力、指導力の保証が無い
●希望通りの授業が出来る先生であるとは限らない

派遣会社では、先生との相性が悪い場合や指導が合わない場合、無料で先生交代をしてくれます。また、受験指導専門、勉強が苦手な生徒向けなど先生のジャンル分けられているので、さまざまな生徒に対応することができます。

しかし個人契約では、派遣会社のような保証はありません。このように派遣会社は授業料が高い分、品質保証や安心感、低リスクであるというメリットがあります。

良い教師を見つけるまでの費用対効果

家庭教師を個人契約をする場合、「良い先生を見つけること」が最も大変で、時間がかかります。大切なお子さまを任せるので妥協はできません。自分の時間を削って先生探しをしなければならないので、かなりの時間と労力が必要です。

一方、派遣会社は担当教師を決定するまで一連の流れができています。こちらが動かなくても、希望を伝えるだけで授業開始まで話がスムーズに進みます。
また、先生の質が保障されているため、おかしな先生に当たらないリスクも回避できます。万が一先生が急な退職をした場合にも、速やかに新しい先生を探してくれるので、安心です

ご両親が忙しい場合、派遣会社に一任する方がコストパフォーマンスが良いと言えるかもしれません。

まとめ

派遣会社の家庭教師は、教師とは別にサポーターがついたり、相談窓口が設置されていたりと授業以外のサービスも充実しています。ところが、この構造も崩れ始め、個人契約の家庭教師マッチングサイトでも同様のサービスを提供するところが増加しています。

時間と行動力のある人は、優良なマッチングサイトで質のいい家庭教師探し、コストダウンに挑戦するのもいいかもしれません。

学習支援金プレゼント