家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

家庭教師を個人契約する場合、相場はどれくらい?

個人契約の家庭教師は基本的に、先生が授業料を設定しています。そのため、先生によって価格の差が大きい反面、値段の交渉にも柔軟に対応してくれることがあります。

リスクが大きい分コスト面でメリットがある個人契約をしているのに、派遣会社の家庭教師と同じ料金がかかっては意味がありません。

料金は安く、質の高いサービスを受けられるように努力をしましょう。個人契約の家庭教師の相場と、コストをおさえる方法についてご紹介します。

個人契約の相場

学校の授業の補習や受験対策など内容によって差がありますが、一般的には1時間当たりおおよそ2000円から4000円が相場であるといわれています。

家庭教師も収入を得るための商売ですから、できるだけ利益が得られるように設定されており、設定されている料金が高い場合には、相場を交渉材料にして値段交渉をすれば、少しコストを抑えられるかもしれません。

値段が安すぎる家庭教師は要注意

費用がかからないのは嬉しいことですが、料金設定が安すぎる先生には注意が必要です。

営業が上手くいっておらず仕事欲しさから低料金にしていることがあるので、価格の安さは自信のなさの表れとも言えます。「この金額ならこの程度」というサービス低下のリスクも考えられるので、注意しておきましょう。
中には大学生でお小遣い稼ぎ程度のため、低い料金を設定している先生もいるので上手く見極めていきましょう。

良い先生を捜すためには、ある程度の相場で実績のある先生に値段交渉を行って契約することをおすすめします。

値段交渉のポイントは「距離」

家庭教師にとって拘束されている時間は、授業時間だけではありません。教材準備や授業準備はもちろん、移動時間も先生の責任に含まれています。
時給2000円以上というと、高い料金設定と思われがちですが、こうした時間外の内容もかねると、なるべく料金を高くとっておきたいというのも納得できます。

教材準備や授業準備の時間は削ることができませんから、値段交渉の材料として「距離」が武器となります。

例えば自転車10分で通える先生が1時間の授業を行うと、交通費はかからず拘束時間は80分です。しかし、電車で30分の先生なら交通費もかかり、拘束時間は120分になります。先生側からすると長い通勤時間は大きな浪費ですので、値段交渉には応じてもらいにくいと考えられます。

ただ良い先生というだけでなく、なるべく近い場所の先生を探し相場と距離から値段交渉すれば、コストを抑えられる可能性が高まります。

学習支援金プレゼント