家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

家庭教師センターと個人契約のメリット・デメリット

家庭教師センター(家庭教師派遣会社)にお願いするのと個人契約するのには、それぞれメリット・デメリットがあります。

特に個人契約を検討している場合、2つの契約方法の違いを正しく理解していないと、痛い目を見てしまう可能性があるので注意しましょう。今回は家庭教師センターと個人契約のメリット・デメリットをご紹介します。

個人契約のメリット・デメリット

メリット
●入会金などが不要なことが多く、授業料が安い。
●業者のくくりにとらわれず、幅広い講師から選択することができる。
●現役の大学生が多く、鮮度の高い授業が受けられる。

デメリット
●良い先生を見つけるのに時間がかかる。
●講師の質に保証が無く、低レベルでいい加減な講師も多い。
●先生が退職、長期休みを取る場合、代わりの先生を探すのに時間がかかる。
●個人間のやり取りがゆえ、トラブルが起こるリスクが高い。
●トラブルが起こった場合、保証してくれる会社がないので個人で解決しなければいけない。

家庭教師センターのメリット・デメリット

メリット
●家庭教師センター独自のノウハウがあり、授業の質が安定している。
●試験や基準を通過した講師が登録されているため、先生の質が保証されている。
●トラブルの発生の際、会社に保証を求めることができる。
●進路指導やカウンセリングなど、授業以外のサポートが充実している。
●先生が退職、長期休みを取る場合、同じレベルの先生を速やかに用意してくれる。

デメリット
●個人契約と比べて授業料が高く、入学金など初期費用が必要。
●急な予定の変更等に対応がきかなかったり、きいても費用が必要で合ったりする。

家庭教師センターと個人契約の向き不向き

メリット・デメリットを比較して分かる通り、安心してお願いできるのは家庭教師センターです。しかし、派遣会社では経済的負担が大きくなり、長期的なコストの差は圧倒的に個人契約に分があります。

選ぶポイントとしては、保護者が家庭教師探し、家庭教師の授業の管理にどれだけエネルギーを使えるかだと思います。
忙しくて手が付けられない場合は派遣会社に頼むことをおすすめします。時間とエネルギーを費やせるのであれば、個人契約に挑戦してみるのもいいかもしれません。

家庭教師探しはお子さんと保護者の方の共同作業が大切です。安心して任せられる責任感のある先生が見つけられるよう、ベストな選択を心がけましょう。

学習支援金プレゼント