家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

個人契約の家庭教師にお願いをする方法とポイント!

家庭教師の契約の仕方として、派遣会社等の中間業者を通さずに、直接個人と契約を結ぶ「個人契約」という方法が注目されています。

良い先生と契約することができれば、コストを抑え品質の良いサービスを受けることができます。しかし、しっかりと見極めなければ「安物買いの銭失い」になりかねません。

今回は家庭教師の個人契約の方法をご紹介します。

ウェブで検索して探す方法

個人契約の家庭教師のほとんどが、登録制のウェブサイトに登録して生徒を募集しています。

【家庭教師 個人契約】と検索すると、個人契約の家庭教師の検索サイトが複数ヒットします。無料のものから有料のものまでさまざまですので、サイトを比較しながら家庭教師を探していきましょう。

実力がある家庭教師は上記のようなウェブサイトに登録せず、個人で生徒募集をしている場合もあります。個人で生徒を募集している家庭教師には直接アプローチをしなければいけません。

【家庭教師 個人 東京】のように、地域のワードを含めて検索すれば、個人で運営している家庭教師を探すことができます。授業内容や実績を公開している場合もありますので、信頼できそうな先生であれば、一度コンタクトをとってみましょう。

派遣会社の家庭教師と個人契約する方法

派遣会社の家庭教師には、実績や指導力のあるレベルの高い先生が揃っています。
そこで、まずは派遣会社で家庭教師をお願いし、数ヶ月かけて先生の信頼性を確認した後、先生に個人契約を提案してみましょう。先生側からしても派遣会社を通すことでマージンをとられているので、悪い話ではないはずです。

ところが、多くの派遣会社では、このような生徒の引き抜き行為は禁止されていますので、グレーな手段ではあります。もし、そこがクリアできれば、信頼できる先生と個人契約を結ぶことができます。

知人・友人の紹介や口コミを利用する方法

「実際に利用した人の声」は最も信憑性のある情報です。

知人・友人の中には家庭教師を利用している家庭があるかもしれません。家庭教師を探していることを相談し、良さそうな先生であれば紹介してもらいましょう。

また、個人のブログなどで家庭教師レビューを書いている人がいれば、コンタクトをとり相談してみるのも一つの方法です。会社が運営しているサイトでは、良い面しか紹介していないことが多いので、率直な意見を提供してくれる人の情報を参考にすることをおすすめします。

学習支援金プレゼント