家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

受験直前の12月!~効果的な冬休みの過ごし方~

冬休みは受験前にまとまった休みが取れる最後のチャンスです。

すでに受験が終わっている幼稚園・小学校受験をした子どもたちを始め、中学受験、高校受験、大学受験を控えた各受験生の理想的な冬休みの過ごし方ってどんなの?気になる年代別の過ごし方をご紹介します。

生活リズムを守って健康管理に気を配る

受験が終わった子もこれからの子も、生活リズムを維持する事を心がけましょう。
冬休みだからと言ってダラダラ過ごしてはいけません。睡眠時間をきっちり守って、受験やその先の生活に備えましょう。

特に受験が終わっていない子の場合焦りから夜遅くまで勉強しがちですが、あまり良い傾向ではありません。脳は寝ることによって記憶を定着させるため、寝る前に勉強したことは記憶に残りやすくなります。

それに寝不足のまま受験に臨んでも脳がしっかり働かず満足のいく結果が得られないでしょう。また、寝不足からくる体力低下で抵抗力が落ちないように注意しましょう。

幼稚園、小学校受験の場合

多くの幼稚園、小学校では既に受験が終わっていますので、4月からの生活に目を向けましょう。

この時期は、生活リズムを整えることと、小学生になる場合は先取り学習をおすすめします。ひらがな、カタカナや数の認識を学習しておくと良いでしょう。

中学受験の場合

この時期は、過去問にじっくり取り掛かりましょう。同じ過去問を3回程度繰り返し行い、記憶の定着を図ります。

この時期を逃すと過去問に徹底的に取り組めるまとまった時間は取れません。もし一人ではできなさそうだったり、緊張感が出ないと感じるようでしたら、冬休みだけでも家庭教師に依頼するのもおすすめです。

分からない問題を残して冬休みを終えないよう、徹底して対策をしていきましょう。

高校受験の場合

自分が受験したい高校の試験に合わせた学習法が必要です。今の自分の方法が合っているか、今一度確認してください。

一人でやることに不安を感じるようでしたら、こちらも受験したい高校のスタイルに特化した家庭教師を依頼することが効果的です。

大学受験の場合

志望校の過去問を解きつつ、自分のこれまでの模試結果と比較してあとどれくらい伸ばせば合格できるか確認しましょう。

受験勉強を始めて間もない場合は、効率よく勉強を進めることが必要です。合格に結び付けるため確実に点数が取れるところを伸ばしましょう。学校や塾の先生、家庭教師の先生と相談し、見極めることが大切です。

一年間受験勉強をしてきた場合は、あまり手を広げ過ぎず、伸ばした方が良いと思われるところを補う程度が良いでしょう。

受験にまとまった時間を取れるのは冬休みが最後になるので、少しでも合格へ近づけるように最後の追い込みをしていきましょう。

学習支援金プレゼント