家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

発達障害のお子さんにも、高校受験はできる?

発達障害といっても症状は人それぞれで、授業を受けることそのものが難しいお子さんから健常児とほとんど変わらないお子さんまで幅広くなっています。

ご自身のお子さんが発達障害の場合、親御さんはお子さんの進路が心配になると思います。
今回は、発達障害のお子さんの高校受験についてお話していきます。

高校受験はできる?

ずばり、発達障害だからといって高校受験ができないということはありません。

ただし、授業についていけない場合は、入学できたとしても進級は難しいでしょう。(これは、健常児のお子さんでも同じです。)しかし、入学できたのであれば授業についていくことができるはずですし、対処方法次第で改善することもできます。

高校での特別支援教育の現状

高校は小・中学校と違って義務教育ではないので、特別支援教育が遅れているのが現状のようです。

しかし最近では、地域によってばらつきはありますが徐々に支援体制が整ってきていて、自閉症・不登校・発達障害などにより通常の進学が難しい生徒を対象とした学校も増えてきています。

また、進学先は全日制の普通科だけでなく、得意分野を中心に学べる専門学科・定時制・通信制・高校以外の教育機関など、選択の幅も広がっています。

公立・私立、どちらがいい?

お子さんが通常の学校生活および学習に問題がない場合は、通常の公立高校・私立高校への進学を希望されると思います。

東京都の場合、都立高校は5教科、私立高校は3教科の試験が基本です。
発達障害のお子さんの場合、試験範囲が広くなるほど混乱してしまう可能性が増えるので、得意科目などを踏まえて志望校を決定すると良いでしょう。

また、発達障害のお子さんは集中力が持続できず多く暗記が難しいケースや提出物をきちんと出せないケースがあり、内申点が低くなってしまうことがあります。
そのような場合は、内申点が大きく影響しない私立高校受験の方が適しているかもしれません。

大切なのは心のケア

高校受験までの道のりは、長期に渡ります。

短期間であれば頑張れることであっても、ストレスが長期的に蓄積してしまうと学習を放棄してしまうことにもつながりかねません。お子さんが受験勉強に取り組めるよう、学校と家庭に適切な環境を整えてあげる必要があります。

発達障害のお子さんは、一夜漬けのような急場しのぎの学習ができません。マラソンのように、一歩一歩を地道に積み重ねていく方が得意です。

受験は日々の学習の延長にあると捉えて、毎日の学習を楽しみながら受験に備えられると良いでしょう。

学習支援金プレゼント