家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

発達障害のお子さんにも、伸び伸びとできる学習環境を

発達障害のお子さんにとって、集団で授業を受ける学校や塾は非常にやりづらい環境です。

画一的な学習方法になじめず、周りのお子さんと成長の仕方が少し異なるというだけで「劣等者」のレッテルを貼られてしまうことさえあります。
発達障害のお子さんにとって伸び伸びと学習できる環境とはどんなものなのかご紹介します。

勉強部屋は静かに、余計なものは置かない

発達障害のお子さんの特徴として、集中力が持続せず落ち着きがないということが挙げられます。ですので、勉強部屋には必要なもの以外に注意をひいてしまうものを置かないことが大切です。

また、必要なものであっても複数用意してしまうとすぐに紛失してしまうことがあるので、鉛筆や消しゴムも必要な分のみ渡すなどの工夫をしてください。

興味・関心を伸ばす

どんな人でも、強制されるのは好きではありません。発達障害のお子さんの場合はなおさらです。

興味や関心のある事柄と関連付けたりして、急ぐことなく根気強く学習を続けられるようにすれば、お子さんが勉強に対して自信を持つことも難しくありません。

特別扱いしない・させない

思春期のお子さんにとって、「人と違う」ことは悪いイメージを抱きがちです。

発達障害のお子さんの場合、他のお子さんと同じような方法で学習ができなくても、それに代わる自分に合った学習方法を見つけることで追いつくこともできます。

特別扱いをしたり過保護になったりすることなく、お子さんに合った学習方法が見つけられるように手を差し伸べましょう。そして、他のお子さんと同じように、努力すべきところは努力するように促しましょう。

道具を使ってみる

集中力が続かないお子さんにとって、教科書に向かっているだけの授業は退屈なものに感じられます。
学習の際には道具や絵を活用して、お子さんの興味を引くように心がけると良いでしょう。

塾より家庭教師がおすすめ!

塾の授業は安価で効率的な学力アップには効果的ですが、お子さん一人ひとりへの細かい配慮に欠けている一面があります。

そこで、発達障害のお子さんには発達障害を専門に受け持っている家庭教師がおすすめです。症状に対してのノウハウに基づき、お子さんに合った学習プランを用意することができます。

ご両親と家庭教師のサポートで、お子さんが他のお子さんとの違いを意識することなく学習に専念できる環境を整えましょう。幅広い視野でお子さんを見守り、親身になって接することが大切です。

学習支援金プレゼント