家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

家庭教師通信~発達障害のお子さんに対応した家庭教師が増えています

ここ数十年で、発達障害と診断されるお子さんの数が増加傾向にあります。

発達障害といえば、通常の生活が困難で特別学級に通うようなイメージをされるかもしれませんが、発達障害で現れる症状のケースは実にさまざまです。
近年では、発達障害についての理解を持った「発達障害専門の家庭教師」が増えてきています。

今回は、通常の家庭教師とはどのように異なるのかご紹介します。

発達障害とは?

発達障害の症状には軽いものから深刻なものまであり、文字が上手く読めない・人と話すのが苦手・集中力が続かない・物事を関連付けて考えられないなど症状もさまざまです。

「ある部分が周囲と比較して正常に成長することができず、それが解決しないまま残り続けてしまう」のが発達障害です。

自閉症・ADHD(注意欠如・多動性障害)・アスペルガー症候群などの先天的なものだけでなく、生活環境が原因となっているケースもあります。

発達障害者を取り巻く環境で問題となるのは、「周囲の人に間違った認識をされることがある」ということです。特に学習面では頭が悪い・努力を怠っているなどと判断されてしまうことで、本人が劣等感を抱いてしまうこともあります。

周囲からの理解を得られることが、本人にとってもご家族にとっても重要になります。

家庭教師による指導方法

発達障害専門の家庭教師は、お子さんの現状や適性、性質についてカウンセリングを行いながら指導方法を決定します。

発達障害のお子さんの特徴として、苦手な分野はまったく理解ができないが得意な分野では飛び抜けているということがあります。これは、脳の中で不足している要素を別の分野で補おうとしているからだとも言われています。

発達障害のお子さんへの指導は、「できないことを責めない」といことが大切です。
理解できなかったりうまくできないことを書く・聞く・話す・見る・形にするといった方法と多角的な視野を用いて、お子さんに合った学習の形を模索し指導にあたります。

発達障害のお子さんの場合、意欲がないからできないという訳ではないので、簡単な問題から「できる」「わかる」という達成感を得られれば今後のお子さんの学習に良い影響を与えることができます。

適した学習方法を見つけてあげることで、お子さんの可能性を引き出すことができるでしょう。

学習支援金プレゼント