家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

発達障害のお子さんに対応できる家庭教師とは?

発達障害のお子さんに対応できる家庭教師といっても、特別な資格を持っている訳ではありません。

しかし、発達障害について学び症状や対処法を学んだ上で、それぞれのお子さんに適した指導を行っています。
今回は、発達障害対応の家庭教師が具体的にどういった指導やサポートを行うのかをご紹介します。

カウンセリングとメンタルケア

発達障害対応の家庭教師では、学習に関する指導と同じくらいお子さんのカウンセリングとメンタルケアにも時間を使います。なぜなら、「お子さんがやる気にならないと、指導の効果が表れない」からです。

カウンセリングはいつもと同じ先生が自宅で行うのでお子さんや親御さんがわざわざ出向く必要がなく、いつも通りの落ち着いた状態で受けられます。

カウンセリングが効果を発揮すれば、学習面だけでなく日常の生活にまで良い影響を及ぼします。

障害の内容に応じたカリキュラム

発達障害のお子さんは、学校の授業にもついて行けなくなりがちです。発達障害対応の家庭教師ではお子さんの症状を理解した上で、理解しやすい表現方法で興味を引き出しながら授業を進めます。

お子さんの様子を見てペースを合わせながら指導を行うので、学校で理解できなかった学習内容でも確実に理解できるようになります。

専門家のバックアップ

学習面以外でも普段の言動や精神状態などについて、電話や面談でサポートを行う家庭教師もいます。

本格的に体制を整えている家庭教師センターなどでは、特別支援教育士・臨床心理士・社会福祉士をスタンバイして複数の専門家の視点から適切な対応策を提案することができます。

学習面以外の部分のサポートは、発達障害対応の家庭教師の大きな特徴と言えるでしょう。

障害そのものの改善にも大きな効果が

人間にとって「学習する」ことは大きく成長するチャンスで、発達障害のお子さんにおいても例外ではありません。

発達障害のお子さんは勉強が嫌いな訳ではなく、やり方が分からない・やる気になれないだけなのです。
家庭教師とのやりとりの中で勉強の楽しさを見つけることで、その後は健常児のお子さんと大差なく学習を進めることができます。

「できなかったことができる」という体験は、お子さんのモチベーションを高めます。
障害や勉強のつまづきを一つずつ「できる」に変えていくことで障害は表面化しづらくなり、人に頼らなくてもできることが少しずつですが確実に増えていきます。

学習支援金プレゼント