家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

大学受験で家庭教師をお願いする場合の相場って?

大学受験は結果次第で将来を大きく左右すると言っても過言ではありません。大切なお子さんの大学受験が近づいてきたら、親御さんとしては最大限のサポートをしてあげたいものですよね。

しかし、選択肢が多すぎて困ってしまうのも大学受験の特徴です。
情報が全くない状態では選択のしようもないので、その判断材料として費用の相場をご紹介します。

指導料の1時間当たりの相場は?

大学受験対策は、一般的な家庭教師の中では最も高度な指導を行うものです。そのため、指導料金が高めになってしまうのは避けられません。

多くの方が利用するであろう派遣会社を通しての家庭教師の場合は、【1時間あたり4,000~10,000円】が相場になります。上限については最難関レベルの大学を目指す場合だと考えてください。

大学受験では大学ごとのレベルも試験内容も全く異なります。「センター試験対策が必要か」「国公立か私立か」「文系か理系か」「偏差値はどのくらいか」などの条件によって指導方針も変わってきます。

相場とかけ離れた指導料の業者には要注意!

家庭教師を利用する場合に一番大切なのは「講師と生徒の相性」ですので、費用ばかりを優先して選択するのは考え物です。とは言っても、費用を判断材料の1つとして選択するのも間違いを避ける方法です。

大学受験向けの家庭教師は需要が多い分、供給も多くなっています。残念ながら、十分な指導レベルに達していない家庭教師を派遣しているような業者も存在していて、そのような業者は料金を極端に安くしたり高くしたりすることで収入を確保しようとしています。

つまり、相場と比較してあまりに安すぎたり高すぎたりするような業者は信頼できない可能性もあるので要注意です。

個人契約も視野に

お子さんにしっかりとした受験対策をしてあげたいと思っても、お金は無尽蔵にある訳ではありません。同じクオリティであれば安く済ませたいと思うのも自然なことです。

そこで選択肢として上がってくるのが、個人契約です。個人契約の家庭教師であれば、派遣会社の取り分が不要になるので費用は安くなります。小中学生であればさほど費用の差は大きくありませんが、大学受験対策ともなるとその差が目立ってきます。

個人契約の場合の指導料の相場は、【1時間当たり3,500~8,000円】と言ったところです。

学習支援金プレゼント