家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【中学2年生になったら意識しよう!】直前に慌てないための高校受験勉強

志望校に合格するためには、試験本番の点数だけでなく内申点も必要です。
内申点アップのためにも、中学2年生のうちからしっかりと勉強をして成績を上げておきましょう。

また、まだ志望校が決まっていない人は自分の希望や外せない条件などをまとめて、今のうちにどこの高校が自分に合っているのか考え始めましょう。

志望校を早めに決めるメリット

類は友を呼ぶといいますが、お友達を作る時にはなんとなく似ている者同士や興味をもつ分野が同じ者同士が集まってくることに気がつくと思います。

学校という集団も同じように、趣味趣向が一部似た人たちが集まってきます。学校という組織も学校の生徒を選ぶ時に「カラー」に注目します。

ですので、自分に合っていると感じられる進学先を選ぶことが大切です。「行きたい」と思えば、受験に対するインセンティブになりますし、受験勉強の対策も立てやすくなります。

今から受験勉強をしてつけた力は自信に

新2年生になる今の時期に受験体制に入る利点は、過去問演習に入る前に安定した実力をつける時間があるということです。

今のうちに余裕をもって受験勉強を始め、着実に積み上げていった知識と経験は一生の宝物になります。そして、試験本番で「自信」というすごい威力を発揮します。これだけやったから自分はできる!と思える受験生と、あれとこれはできたけどここは不安だと思って本番に臨む受験生とでは、心理的状況が全く異なります。

もちろん、直前に伸びるタイプや逆境に強いタイプがいることは否定しませんが、一生に一度の大勝負に不確定要素を増やすことはおすすめしません。ここ一番で自信を持って実力を出せるように、できる準備は早めにしておきましょう。

受験では何事も先取りがポイント

今、学習面で準備を始めることは学力が向上して内申点が上がるのはもちろんのこと、この先の学習をスムーズに進める上でも重要です。

少し早いのではないかと思うかもしれませんが、学習は「先取り学習」した者が制すると言っても過言ではないのです。受験だけでなく学校生活にも余裕をもてるため、内申点に繋がる生活面にも良い影響を与えます。

受験に関しては早め早めの行動を心がけましょう。塾の選定などに不安がある場合は、まず個別指導の家庭教師からスタートし、徐々に集団講義スタイルも視野に入れていくというように、柔軟に学習スタイルを構築していっても良いでしょう。

学習支援金プレゼント