家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【本当に塾って必要?】お子さんに合った学習方法は?

新学期や進級に向けてお子さんの塾や予備校などを検討しているご家庭も多いかと思います。

しかし、せっかくお金をかけて通わせても、塾に行くと嘘をついて遊んでいたり、ボーっと塾の椅子に座って時間を過ごすだけだったりする可能性もあります。
家庭学習で最大の効果を得る方法について考えていきましょう。

将来の為に学習のための刺激を与えましょう

多くの子ども達は、外部からの刺激を得て学習に向かい、自分なりの方法を見つけていきます。

塾での勉強や家庭学習をしているけれど、投資した分の効果が得られていないと感じているご家庭もあると思います。
教育に投資した成果は、お子さんがご自分の家庭を持ったり、社会人になったころにおぼろげに見えてくるようなもので、一朝一夕ではっきりと成果が見えるものではないと認識しておかなければなりません。

しかし、受験をはじめとする学習は将来のための土台作りにあたるので、刺激を与えることを諦めてはいけません。この土台を作るために必要な刺激は、お子さんの個性によって千差万別です。

最も効果的な個別指導スタイル

お子さんの学習到達度を測る参考になるのが「学校の成績」です。また、受験者数の多い模試を併用することで、より詳しくお子さんの学習到達度を把握できます。学習到達度が把握できたら補強と伸ばす課程に入ります。

特に小学校低学年の間は国語と算数において、個別指導で基礎から発展問題初期まで導くことを強くお勧めします。なぜなら、個々人で考え方やつまづきの癖があるからです。
癖を克服した後は進学塾などでどんどん実践訓練を積むことができますが、癖を見つけて指導することは個別指導以外では難しいといえます。

ご家族のサポートが望ましいですが、場合によっては家庭教師をお願いした方がスムーズにいくこともあります。ご家族の時間的な制約とお子さんの個性とを勘案して、最適な学習スタイルを見つけてください。

塾にもメリットがあります

受験においては、集団の中で自分がどの位置にいるのかを常に考慮する必要があります。

もちろん、模試を受けることも1つですが、同じレベルの集団の中で切磋琢磨することで実力が伸びるケースもあります。お子さんの個性によりますので、ご家庭での判断が必要となります。

既に家庭教師との学習が軌道に乗っている場合、家庭教師に判断を仰いでどの段階でどの位集団の要素を入れるのかを決定するのも良いでしょう。

学習支援金プレゼント