家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

もう高校受験は始まっている!後悔しない中学生活の送り方

中学受験に失敗して落ち込んでいるのは、ご家族だけではありません。本人が一番ショックを受けているはずです。

しかし、大切なのは「どこで」学ぶかではなく、「何を」学ぶかです。

中学受験が人生のすべてではありませんので、高校受験で十分リカバーできます。3年後の高校受験につなげるために、中学の3年間を有意義に過ごしましょう。

実りある中学生活を送って、3年後の受験に勝つ!

中学受験を終えたばかりで、すぐには中学生活を思い描けないかもしれません。しかし、もし次の高校受験で勝ちたいと思うならば、入学前から「充実した中学生活」を送るために生活を整えましょう。

周りの影響を受けやすい時期ですので、「どこで」学ぶかも大切ですが、「何を」学ぶかが最も大切になります。中学受験を通して身に付いた学習習慣はぜひそのまま継続してください。

中学生活のスタートを上手く切ることで充実した3年間を送ることができ、さらに上の高校受験にチャレンジできる人もたくさんいます。3年間で自信をつけて高校受験を目標に頑張っていきましょう。

親の心構え

中学受験を通してお子さんと同時にご家族も大きく成長されたと思います。中学受験が無駄だったとは決して思わないでください。今回の経験した受験前、受験後の子供に対する接し方を今後の高校受験にもつなげてください。

ご家族の皆さんは、お子さんの進学する中学校に対しても好意的な気持ちで接してください。親御さんの気持ちはストレートにお子さんへ伝わります。

自分の通う中学の事を親が良く思っていなかったら、子どもも行きたくないとマイナスのイメージを抱いてしまいます。
どうしても好意的に感じられないと思うのでしたら、これまで通われていた塾の先生や家庭教師に相談してみましょう。先生方の長年の経験から、適切なアドバイスをしていただけるはずです。

常にトップでいるための努力を惜しまない

お子さんの性格にもよりますが、上位校にギリギリ入学して下位に甘んじてしまうより、少しランクを落としても上位にいられる学校の方が自分に対する自信がつきやすく、授業を受けるモチベーションも上がります。
一度受験に失敗してなくしてしまった自信も、これまで通りの学習を続けていけば自然と取り戻せるものです。

そのためには、周りの雰囲気に流されることなく努力を続けなければなりません。高校受験への土台作りは中学生になった時から始まっているのです。

もし、どうしても受験の失敗を引きずって勉強する気になれないなら、週に一度くらいから家庭教師をお願いしたり、塾に通ったりして少しずつ学習習慣を取り戻すといいでしょう。
なるべく早くからスタートすることで、スムーズに新学期を迎えることができます。

学習支援金プレゼント