家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【早い方がいい?まだ間に合う?】受験勉強の始め時!

中学受験・高校受験・大学受験。それぞれいつから受験勉強を始めたら良いのでしょうか。
あまり早く始めても中だるみや煮詰まってしまうのが心配だし…。そんな受験勉強の始め時をアドバイスします。

中学・高校受験は「受験勉強をスタートできる学力があるなら」1年あれば大丈夫

受験に必要な学習レベルは、受験勉強をスタートできるだけの学力があるお子さんなら1年あれば十分に克服可能な内容となっています。

しかし、この「受験勉強をスタートできる学力」というのがポイントです。

例えば、中学受験をお考えのご家庭で現在公立校の学習のみフォローしている場合、中学受験に移行するための準備期間が1年必要です。ですので、スタートできる学力をつけるために1年、受験対策に1年で最低2年は必要となります。

学校の学習に不安がある場合は、小学1年生から3年生までは個別指導によって基礎力をつけると良いでしょう。
そして、4年生からゆっくりと受験スタイルに移行すれば、無理のない生活スタイルが維持できます。学校の学習に不安がなく、ある程度の発展問題まで解けるお子さんの場合は、5年生(4年生の2月)からの通塾で十分でしょう。

お子さんのタイプによって変わる始め方

お子さんが素直に言うことに従うタイプなら、受験勉強のスタートを親御さん主導で始めても問題はないでしょう。

しかし、自分の意志を通そうとするタイプのお子さんの場合は、塾や家庭教師などの選択の際にお子さんと一緒に選んであげるようにしてください。自分で選んだということがはっきりしていれば、比較的忍耐強く続けられる傾向にあります。

大学受験の場合はもう少し早く

高校時代は一生付き合える友人や恩師と特別な輝きを放つ期間ですが、進学も忘れてはいけません。

大学受験の勉強自体は1年半ほどあればできます。しかし、志望校を見極める準備等もありますので、受験を見通せる目を養うためにもできれば高校1年生の2月ごろから受験体制に入りたいところです。

何より最適の始め時は…

受験をしたい、学習をしたいとお子さん自身が思った時が、どの学年であっても受験勉強をスタートする最適の時期です。

受験ではお子さんの意志が最も大切ですが、先を見通す力はまだ大人には及ばないため、お子さんのことを一番に考えている親御さんの力が必要です。親御さんの経験も踏まえて、家庭教師や塾選びに協力してあげましょう。

学習支援金プレゼント