家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

子どもが受験に失敗しちゃった!シーン別の上手な接し方

受験には合格、不合格があります。残念なことに不合格になってしまった子どもに対してどう接したらいいのか迷う方もいらっしゃると思います。

気持ちを切り替えさせた方が良いのか、気持ちに寄り添った方が良いのか、それとも受験には触れずに普通に接した方が良いのか…お子さんの年齢や性格に合わせたシーン別の接し方をご紹介します。

小学校受験の場合

奨学受験の場合は、園児が自分の意志で受験したというより、親からの勧めでというケースの方が多いでしょう。
その場合、失敗してしまったというより、受かった小学校に「ご縁があったんだね」というように子どもが前向きにとらえられる言い方が望ましいです。失敗=悪い事という印象が残らないように注意しましょう。そしてご両親が喜んでる姿をお子さんに見せてあげてください。

小学校受験を経験することにより、「学ぶ」習慣が入学前に身についているため、そのままスムーズに小学校生活へ進めます。
例え失敗した場合でも、落ちてしまったことや失敗してしまったこと、すべてがこれからの学校生活の糧になるんだよと教えてあげてください。

中学校受験の場合

自分の意志で中学受験を希望してそれに失敗してしまったとき、子どもが受ける傷はとても大きなものです。そのため、少しずつ自信を取り戻せるような接し方が大切になります。

中学受験をしたことは、高校受験の際に大きな経験として必ず活きてくるものです。その点を強調しながら、中学3年間のがんばり次第でリカバリーできるという事を伝えてあげましょう。
子どもが中学生活の中で学業や部活面、課外活動等に積極的に取り組み、充実した中学生活を送れるように言葉をかけ、3年後の高校受験に備えることができように見守ってあげてください。

高校受験の場合

大学という目標が一つの分岐点だということを考えさせましょう。最終学歴をどこに持っていくかで子どもの気持ちは変わってきます。

大学卒以上を目指すならば、高校受験は通過点に過ぎません。良い高校に入ったからと言って、良い大学、良い就職先が簡単に見つかる時代ではないのです。まずは目標とする大学や職業、就職先に目標を定めます。そして、その夢の実現のために今何ができるのかを子どもと一緒に考えてください。

大学受験の場合

大学受験では国公立、私立と複数の大学が受験できます。そのうちの第一志望に落ちてしまったからと言って大きく落ち込む必要はありません。第一志望の大学でなくとも、自分のやりたいことや目標は必ず叶えられます。

特に私立大学の場合は教授が複数の学校の授業を受け持つこともありますので、自分の学びたい分野を研究している教授の授業が受けられることもあるのです。

全てのステージで言える事は

受験を終えた全ての子どもたちに言えることは、受験で頑張ったことに誇りを持つことです。目先の合否に一喜一憂することなく、もっと先を見据えてください。

そして、自分の気持ちをぶつけ共有してくれる人がいるとより前向きな気持ちになれるはずです。気持ちをぶつける相手が見つからないなら、これまで一緒に頑張ってきた塾や家庭教師の先生に気持ちを伝えるのもいいでしょう。毎年多くの受験生を見てきた先生方からはきっと前向きになれるアドバイスをいただけるはずです。

ご両親は子どもの結果がどうであれ、今後の糧になることは間違いありません。今までの努力を尊いものとして受験を締めくくりましょう。

学習支援金プレゼント