家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

受験を振り返り未来に向けて

ようやく受験をシーズンが終わり、肩の荷が下りた方も多いのではないでしょうか。

受験を終えたばかりのお子さんに来年度の事を伝えても実感がわきにくいかもしれません。
しかし、今だからこそできる新学期へ向けたアドバイスと、来年受験を予定しているお子さんへのアドバイスを合わせてご紹介します。

充実した学校生活を送るために新学期前からできること

受験勉強からようやく解放されたばかりですが、急に4月からの新しい生活について問われても、具体的に思い描くことは難しいかもしれません。しかし、この新学期が始まるまでの数ヶ月の過ごし方で、入学後に差が出てきます。

まずは、受験モードから通常の授業モードの学習方法へシフトしましょう。自分一人でやる気にならないなら、個別指導の塾に通ったり、家庭教師にお願いしてもいいでしょう。高校で実際に使う教科書を使って、同級生より少しでも先んじた先取り学習がおすすめです。

先取り学習が大切な理由

入学直後は、新しい環境にもまれて毎日がとても疲れます。加えて部活動が始まれば、精神的な疲れと肉体的な疲れの両方が出てきます。その疲れた中で更に予習復習しろと言うのはとても酷な事です。
しかし、先取り学習していればその間もスムーズに授業についていくことができます。どうしても疲れて予習できない日があっても、事前に先取り学習していれば授業の用意だけして寝てしまっても問題はありません。

学生時代は、定期的に試験があり一定の成果を求められます。疲れているからと言うのは言い訳になりません。
先取り学習をすることで、先が見通せるようになったり、自分の気持ちに余裕を持ったりすることができます。まずは一学期分から重要なポイントを挙げていき、取り組んでみましょう。

受験は前半戦、後半戦に分けて考える

3年生になったからといって受験が始まるわけではありません。受験は前年度の試験が終わった時から始まっていると考えましょう。

2年生の2月から夏休み前までを前半戦、夏休みから受験までを後半戦ととらえて、前半戦は受験科目の理解度をできるだけ高めることに力を入れましょう。一つひとつ確認しながら理解を深めていけるのは、半年弱という時間の余裕があるからできることです。
後半戦は受験のテクニックを磨いたり、試験を受けてライバルとの差を比較する時期を捉えておき、勉強の積み上げは今からスタートしておきましょう。

学習支援金プレゼント