家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

食べたらパワーが沸いてくる!受験前のおすすめレシピ

受験に勝つからとトンカツを食べたり、コーンパン(幸運)を食べたり、げんかつぎをする家庭もいるかもしれません。
しかし、受験前は胃腸にやさしいものや元気が出るものを食べた方がよりパワーを発揮できます。

いくつかの食べ物を具体的にピックアップしましたので、頑張る受験生を食べ物の面からサポートしていきましょう。

朝ご飯をしっかり食べて脳にエネルギーをあげよう

受験当日は朝ご飯をきっちり食べて試験に望むのが理想的です。受験生はただでさえ緊張しているのでボリュームがあるものでも胃腸にやさしい物を選んでください。

子どもが「カツ」を食べたいと望むなら作ってあげても良いですが、体調に合わせて量や肉の種類を選んでください。カツはちょっと重いけど、肉を食べたいというなら「肉豆腐」はどうでしょう?
野菜や糸こんにゃくを入れれば、それだけで栄養満点のおかずになります。豆腐は高たんぱくで消化も良いです。中に入れるお肉は食べ応えのある豚ロースや鳥モモ肉がおすすめです。

お肉にこだわらなければ魚料理もおすすめです。焼魚なら手間もかからず鮭やシシャモなら消化も良いのでで安心感もあります。

小食なら、甘いものだけでも

普段からあまり朝食を食べない場合でも、試験前はお腹に何か入れていった方が良いでしょう。

簡単にできるパンケーキやクッキー、チョコをひとかけらだけでもお腹に入れていくと違ってきます。バナナなどの果物も手軽に食べられるうえ消化も良いのでおすすめです。

カツにこだわるなら、受験前夜に食べよう

朝食にカツは少し重い感じがあり消化の悪さを心配するなら、やはり夕食時が良いでしょう。

お子さんも落ち着いてゆっくり食べることができますし、温野菜や野菜スープを添えれば、栄養面のバランスがとれます。
もう少しさっぱりした肉料理がいいのなら、鶏むね肉を使うのもおすすめです。その他にも鶏肉の照り焼きやみそ漬けの豚肉、カットステーキなども良いかもしれません。

食事を通じて受験生を全面サポート

いくら模試で良い成績を取っても当日その実力を発揮できなければ意味がありません。十分な力を発揮するためには、健康な身体があってこそなのです。

受験生の食事や健康面をサポートできるのは家族だけです。これまでの受験勉強が無駄にならないためにも、ご家族のサポートでこの冬を乗り切りましょう。

学習支援金プレゼント