家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

どのくらい併願すればいいの?~最適な受験高数をご紹介~

第一志望校が決まったら、まず本番に向けてスケジュールを立てましょう。第一志望校に合格するために、練習の意味も込めて複数の学校を併願して受験するケースが多いと思います。

しかし、受験校数が多すぎると対策が取りにくくなり、少ないと落ちてしまったときのリスクが高くなってしまいます。
多くの人が中学・高校・大学、それぞれの受験校数はどのくらいが理想なのかと疑問を持っているのではないでしょうか。

受験の対策を明確にすることで、最適な併願数を知ることができますので、ご紹介していきます。

第一志望に合格するためのステップになる併願校の決め方

受験は受けなければ当然受かりません。なら、数を打ってあたるのか?残念ながらそのような考え方では受験に立ち向かえないでしょう。

受験はギャンブルではありません。入試の出題傾向が学校ごとで異なる場合もありますし、受けたい学校の受験日が同じ日であったり、問題がいろいろ出てくると思います。そこで大切なのは目標設定です。

目標を明確にし、その目標を達成するために対策を立てます。その対策を着々とこなしていくと確実に合格を手にできるのです。
今回の目標とは第一志望校に合格することです。入試の出題傾向が全く違う学校は受験する必要があるのか、同じ受験日であるならばどちらが自分にとって本当の第一志望なのか、これだけでもかなり絞ることができると思います。

本命校と併願校それぞれの受験校数とは

まず、受験校の基本的な数は、本命1校、滑り止め2校の3校になります。
そこに、練習と場数を踏める学校を足していきます。併願校の決め方は、本命校の試験傾向に似ているか・通いたい学校であるか・本命校の受験日より前に試験が行われるのか、この3つがポイントとなります。大体3~8校を目安に決めていきましょう。

そしてぜひ、家庭教師などプロの方に相談して力を借りてください。試験対策を熟知した観点から、受験に向けて最高の力を発揮できるように、試験日のスケジューリングを一緒に対策を練ってくれます。

良い結果が出せるように、早い段階からしっかりと考えて対策をしていきましょう。

学習支援金プレゼント