家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

サピックス小学部の入室テスト対策には家庭教師がオススメ!

サピックスはハイレベルな授業で知られており、合格実績も華やかです。

そんなサピックスに入室するための第一の関門が入室テストになります。最初で躓くことのないように、入室テスト対策として家庭教師がおすすめです。ぜひ、参考にしてみてください。

サピックスの入室テストについて

サピックスの入室テストは基本的に範囲が決まっていません。どの分野から出されるのか、またどの程度の問題が出されるのかということも公開されていません。

もちろん過去問などは出回っていますが、今まで通塾経験がないお子さんの場合、学校の授業内容だけではまったく解けない問題も出てくるかと思います。

そういったときに、中学受験対策を指導した経験がある先生やサピックスについて詳しい先生がついていれば、入室テストに必要な問題レベルを把握し、テストまでの期間に効率よく学習を進められることができます。

入室テスト対策

あくまでも入室テストはスタート地点であって、大切なのはそこからお子さんがもっとも適切なレベルの学習環境で継続学習していくことです。

そのため入室前から思いっきり詰め込み勉強をしてレベルの高いクラスに入ってしまっても、授業についていけなくなってしまったり、勉強が苦痛に感じてしまうといった事態になりかねません。あくまでも、その時点での実力相応の力が点数に反映されることが重要になります。

そのためには、やみくもに難しい問題を解こうとしたり、数をこなそうとするよりも、今までの教科書範囲を広くカバーしていくことが大切です。

一人で勉強した場合、わからないところでつまずいてしまって前に進めなくなってしまったり、結局狭い範囲しか対策できなかったという状況になりかねません。
その点家庭教師はある意味「見切りをつけて次の範囲に進む」という潔い決断を促しながら、満遍なく対策をしてくれます。

実際の対策方法

入室テスト前後に限らず、特に算数に関しては家庭教師をつけることをオススメしたいと思います。
その理由は算数を苦手としているお子さんは自分で問題の解答をみても、何が書いてあるかわからないといった子が多く、算数はもっとも自主学習しにくい教科だからです。

算数は解答にいたるまでの思考プロセスの中で何段階も引っかかるポイントが存在し、これを自分自身で気づいて修正することはとても難しいことです。

そのため、実際に解いている過程を確認しながら指摘、修正していくという第三者が必要になります。算数は根本的な考え方を完全に理解できるようになれば、形や問い方が変わっていても解けるようになります。

応用問題にも対応できるようになり、大幅な得点アップにつなげられる可能性もあります。

学習支援金プレゼント