家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

勉強の遅れは取り戻せる!つまづいてしまった時の対処法

本来、勉強とは正しい学習を行えば誰でも出来ることですが、クラスの中には『勉強を得意としない』生徒が必ずいますよね。

成績やテストの点数の悪さから苦手意識へと繋がり、ついには勉強への意欲がなくなってしまいます。そして、最終的には学校の授業についていけなくなるということも…。

ここでは、勉強につまづいてしまったお子さんでも、必ず遅れを取り戻すことができる方法をご紹介します。

学力向上のために必要な学習

遅れてしまった学力を取戻し苦手意識を払しょくさせる方法…それは一つひとつの学習の弱点を克服し、理解することです。

遅れてしまった内容を急いで取り戻そうとすればするほど、ミスを誘発するという悪循環に陥ってしまいます。ミスというのがとても厄介で、特に高校受験で失点の原因として多いのがケアレスミスと言われています。

そのため、学力向上のためにはミスのないレベルまで引き上げることが重要なのです。

学習計画をたてることこそが弱点克服のスタート

まずは自分のレベル・学力を知り、明確にしたうえで学習計画を立てることが、弱点を克服するための第一歩です!

点数や成績はあくまで結果なので、簡単な問題でもうんざりするほどの丁寧な指導で、あいまいな理解から明確な理解へと変えていきましょう。

『自分で考える』ことこそ最も必要な勉強法

勉強において最も必要なものは『自分でまず問題に取り組むこと』です。

人からの説明を聞くよりもまずは自分で問題に取り組んだ上で不足している知識を講師が補足するという流れの方が何倍も有効的だと言えます。

勉強が苦手な人の特徴として、『自分で考える能力に欠けている』ことが多く、『教わるのが当たり前』という受け身な学習姿勢のせいで『自分で答えを探そう』とする意欲をなくしてしまっています。

自分で考える必要性

自発的な学習姿勢にするためには、『問題を解く』→『解けない』→『自分で考えて答えを探す』→『答えを出す』このような思考回路に変える必要があります。

自分で悩み、考え得た経験は人から受ける説明よりも何倍も価値のあるものです。講師とはあくまでもお子さんが自ら考えるための手助けをする補助的な存在であるべきなんです。

毎日の小さな積み重ねを繰り返すことができれば、確実に勉強ができるようになります。まずはしっかりとコミュニケーションを通して、お子さんに合った学習計画をたてることからスタートしましょう。

学習支援金プレゼント