家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

基礎こそ英語の本質!中学生の英語を学ぶのに最適な方法とは?

『英語』は、公立・私立どちらの高校受験においても必須科目となる重要な教科です。高校受験の英語は難解な問題を解く能力よりも、基礎的な問題をこなすスピードと正確さが求められると言われています。

ここでは、中学英語を効率的に学ぶための方法についてご紹介します。

受検に必要な英語を押さえる

中学英語において最も重要なのは『単語』です。単語が理解できると、文章の約半分の意味が理解できます。逆に、一つの単語が分からないために読解が理解できない…ということも多いので、単語の暗記は最重要課題です。

高校受験に必要な単語数は1200語と言われているので、1日2語ずつ覚えていけば、あっと言う間ですよ!

また、同様に重要なのが文法です。文法と単語は基礎問題だけでなく、長文読解の能力にも繋がるので、兎に角たくさんの問題を解いてイレギュラーなケースにも対応できるようにしておきましょう。

『反復学習』と『テスト形式』

英語の学習方法として効果的なのが『反復学習』です。
例えば50個の単語を覚える場合、まずは単語をリストにまとめていきます。その際に必ず定期的に和訳・英訳両方の単語テストを行いましょう。

テストとは、慣れていない人にとっては非日常的な行為ですよね。いくら勉強をしていても、テストとなると形式や状況の変化に対応できずに結果が出せない…ということもあります。そのため、緊張感のあるテストの状況に慣れる必要があるのです。

緊張感のある空間では、集中力が高まり、点数によって学習内容が数値化されるのでモチベーションの一つにもなります。

効果的な英語学習とは?

英語の学習において、説明を受けるよりも実践と反省を繰り返す方が何倍も効果があると言われています。

基礎を理解できたら、とにかく実践あるのみ!たくさんの問題を解いていき、問題が解けるようになったら文法問題や長文読解に新しい単語を混ぜるなどして回答を導き出します。

あらゆる状況にも冷静に対応することができれば、受験の本番でも動じずに結果が出せるでしょう。

高校受験で注意すべきこと

高校受験で気をつけなければいけないのが『ケアレスミス』です。ちょっとした集中力の途切れから、ミスを連発するといったことは高校受験では当たり前のように起きてしまいます。

勉強のレベルが上がっても、基礎を怠ることのないよう常に初歩的な問題を組み合わせ、ケアレスミスを防ぐことが大切です。

学習支援金プレゼント