家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生向けの家庭教師にはどんなコースがあるの?

高校生向けの家庭教師には、大きく分けて「苦手分野の克服」「受験対策」「推薦合格対策」という3つのコースがあります。

大学受験では、高校時代に好成績を残していると「学校推薦」の枠で入学することができるところもたくさんありますので、高校生の内にしっかりと対策をしておきましょう。

では、3つのコースについて詳しくご紹介します。

①苦手分野の克服

高校生になると、テストで「赤点」を取ってしまうと補習を受けなければなりません。赤点を少しでも回避するために家庭教師を依頼する場合もあります。

赤点対策をするためには、「苦手分野の克服」をすることが最も効果的で即効性があります。テスト前に苦手分野の対策を行いますが、苦手意識が強いほど克服するにはある程度の時間が必要となり、効果が表れにくくなりますので注意してください。

「定期テストに向けての学習」が主な内容なので、学習範囲は狭く苦手分野を克服さえできれば、赤点回避は問題なくできるでしょう。

また、苦手分野を克服することで受験の際につまづいたり戸惑ったりすることなくもなくなりますので、まずは苦手分野を克服することから始めるお子さんが増えてきています。

②受験対策

受験対策では「1点足らなくて足きりされた」ということがないように、「1点の重み」についてよく指導されています。
「1点を貪欲に取りに行く」ということが重要で、受験勉強だけでなく定期テストの攻略方法などについても教えることが多くなっています。

受験対策において最も重要なポイントは、過去問や基礎学習を繰り返して基礎学力を身につけ、受験に間に合うように学力を確実に上げていくことです。

進学校以外では、高校生が家庭教師に依頼するケースは減ってきていますが、高校生が家庭教師を利用するきっかけとして最も多いのが「受験対策」なんです。

③推薦合格対策

推薦合格とは、高校側が大学に生徒を推薦するもので、基本的には学力検査はなく面接のみ又は面接と小論文のみという入試方法となる場合が多く、ほとんどのケースで不合格になることがないのが大きな特徴です。

よく耳にする「スポーツ特待生」も推薦合格の一種です。高校時代に部活動などで良い成績を残していると、高校から推薦され大学に受験することができるというものです。

推薦を受けるためには日頃からの生活態度や定期テストの成績などが重要になってきます。日々の積み重ねが推薦合格を掴み取ることができるのです。

学習支援金プレゼント