家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

部活動が忙しくても大丈夫!時間に余裕がないお子さんへの家庭教師活用法

部活動は中学生にとても重要な要素の一つです。

実際にプロの選手を目指して部活動に取り組む人は少ないでしょう。しかし、部活動を通して将来に繋がる交友関係や人間関係についてたくさん学ぶことのできる貴重な機会です。

ここでは、毎日の部活動で疲れ果て時間の余裕もないお子さんへの家庭教師の活用方法について紹介をします。

学校の授業の復習

学校でたくさん新しいことを学んだ後に家庭教師が受験用の勉強を新しく指導してはあまり効率的ではありません。時間に余裕のないお子さんの場合、まずは学校の授業に積極的に取り組めるような学習方針がおすすめです。

部活動を引退するまでは、学校の勉強範囲を学習の主軸にし、基礎学力と内申点の向上に努めます。大学受験と違って高校受験のテスト範囲はそこまで広くないので、日々の学習ができていれば引退後から受験勉強に切り替えても十分間に合います。

家庭教師の学習内容は、学校の授業の復習と理解です。家でも学校でも同じ題材を扱い反復していき、学校の授業に的を絞ることでお子さんの集中力は高まっていきます。

週末を活用する

部活動を終えて帰ってくるお子さんは、へとへとになっていてなかなか勉強に集中することができません。そのため、部活動を行っているお子さんには土日両日の週末学習がおすすめです。

学校のない時間を十分に利用することで、効率的な学習を行えます。お休みの日なら部活動の疲れなどもないので、集中力が増し大きな効果が期待できるのです。

家庭教師では、学習と小テストを繰り返し、テストで即戦力となる実践的な授業が実施されます。

受験への意識構築

勉強というものは、集中してしまえばそこまで大変なことではありません。しかし、多感で誘惑の多い時期に我慢をして勉強をするというのはなかなか大変なことです。

ただし、忘れてはならないのは部活動は「本人がやりたいからやっている」ということです。家庭教師も「本人が学習するために依頼している」のです。

自分の欲求に対し我慢と犠牲を払い、勉強に取り組む姿勢がとても大切になります。

最後に…

学習時間が長ければ長いほど受験に有利かと言えば決してそうではありません。生徒会や部活動を積極的に行っているお子さんの方が成績が良いことが多いです。

何よりも大事なのは勉強の質・集中力を高めることです。計画性を持って効率的に学習をしていきましょう。

部活動をしているからといって成績が上がらないなんてことは決してありません。

学習支援金プレゼント