家庭教師くらべーる利用者は、平均3.8社資料請求をしています。下記の会社も一緒に資料請求しませんか?

家庭教師会社と個人契約の違いって?それぞれの特徴や仕組みを徹底解説!

家庭教師会社と個人契約の違いって?それぞれの特徴や仕組みを徹底解説!

家庭教師を利用したいけど、家庭教師会社と個人契約の違いについてわからない方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、最適な家庭教師を探す方法として、家庭教師会社と個人契約について徹底的に解説します。
家庭教師会社と個人契約のそれぞれの特徴を確認し、メリット・デメリットを理解した上でご家庭に合った契約方法を見つけてみましょう。

最新の授業内容料金プラン
お得なキャンペーンがわかる!

お子様にぴったりの家庭教師の
資料をもらう無料

家庭教師の探し方

家庭教師を利用する場合、どのように家庭教師を探せばよいのでしょうか。

家庭教師の探し方には大きく2つの方法があります。
「家庭教師会社から家庭教師を紹介してもらう方法」と「個人で家庭教師を探す方法」です。

どちらの方法もお子さんに合う家庭教師が見つかる可能性があ社から家庭教師を紹介りますが、それぞれ特徴や契約内容などでは異なる点もあります。

家庭教師会社を利用する場合と個人契約の違いをよく理解した上で、お子さんに合った最適な家庭教師を見つけていきましょう。

家庭教師会社とは

家庭教師会社とは、ご家庭やお子さんの希望する家庭教師を紹介してくれる派遣会社です。

家庭教師会社には、学生からプロ家庭教師までさまざまな家庭教師が集まっているため、お子さんに合った家庭教師を探しやすいと言えるでしょう。

メリットとして、サポート体制が充実しています。授業以外の相談や先生の交代、進路相談なども専門の窓口を用意してくれている場合があり、常に多くの情報を把握しています。
他にも、家庭教師のレベルを保つために、講師に対して研修や指導も行っています。

デメリットとしては、月謝(授業料)に仲介手数料などが加わるため個人契約よりもが高くなる傾向にあります。また、入会金や管理費がかかる場合もあります。

個人契約とは

個人契約とは、自分で家庭教師を探して契約することです。
主に知り合いや友達などの身近な人から紹介してもらう場合や、家庭教師を紹介するマッチングサイトを利用して探す方法があります。

メリットとしては、仲介手数料や入会金や管理費などがかからないため月謝(授業料)が比較的安くなる傾向にあることです。
また、家庭教師を自由に選ぶことができること、契約面では希望を自由に取り入れて交渉できることが挙げられます。

デメリットとしては、成績が伸びない、勤務態度、費用面、相性などについて相談する窓口がないため、トラブルなどはすべて保護者が直接対応する必要があります。

家庭教師会社と個人契約の違い

家庭教師会社と個人契約の違いを確認してみましょう。
どちらもメリット、デメリットが考えられるため、どちらを利用するべきか比較してみてください。

●入会までの流れ

<家庭教師会社>

問い合わせ→ヒアリング→体験授業→入会→授業開始

家庭教師会社の場合は、まず問い合わせをすると入会の目的やお子さんの状況や目標について詳しくヒアリングがあります。そこで希望の家庭教師などを伝えます。ほとんどの家庭教師会社ではじめに体験授業を受けることができますので、指導方針や講師の様子を確認でき、入会するかどうかを決定できます。
担当の家庭教師についても希望を伝えてマッチングしてもらえるため、相性のよい家庭教師を紹介してもらえる可能性は高いでしょう。

<個人契約:紹介経由>

契約内容や料金の相談→授業開始

個人契約の知り合いの紹介でお願いする場合は、事前に人柄や教え方などを確認した上で家庭教師を依頼するので、信頼できる人物を見つけやすいです。紹介してもらう先生とお互いの都合を確認しながら開始時期を調整し、授業開始前に契約内容を相談します。契約内容は、口頭でなく書面で契約内容や料金面を決めておく方がトラブルを避けられるため良いでしょう。

<個人契約:マッチングサイト経由>

サイト登録→検索→面談申込※→面談(条件面の確認)→決定・契約※→契約書のやり取りなど→授業開始
※利用するサイトにより紹介手数料を支払いタイミングが異なります。

個人契約をマッチングサイト経由で行う場合は、一般的にはサイト登録後、希望する家庭教師を検索します。気に入った先生が見つかったら面談を依頼しますが、利用するサイトによってはこの時点で紹介手数料を支払う場合があります。面談では雰囲気や相性を確認し、先生を決定するようなら契約内容や条件面のすり合わせを行い授業開始に向けて相談していきます。

●月謝(授業料)

家庭教師会社と個人契約の月謝(授業料)を比較してみると、仲介手数料の含まれない個人契約の月謝(授業料)の方が比較的安い傾向にあります。

料金相場:1時間あたり

学生家庭教師プロ家庭教師
家庭教師会社2,000~3,500円3,000~10,000円
個人契約1,500~2,500円2,000~5,000円

※プロ家庭教師の料金は場合によっては幅があります

また、家庭教師会社を利用する場合は、月謝(授業料)以外に入会金(0円~20,000円程度)、管理費(会社により異なる)がかかる場合があります。

個人契約でマッチングサイトを利用する場合は、紹介手数料(会社により異なる)を支払う必要があります。利用するマッチングサイトにより異なりますが、7,800円~14,800円程度が相場です。

●指導内容

家庭教師会社

ほとんどの家庭教師会社では、先生の指導の質を高めるために指導・研修を行っています。
学生の家庭教師もしっかりと指導スキルや常識的なマナーを身につけていますのでトラブルも起きにくいでしょう。

個人契約

個人契約の場合は指導力を審査することができないため、指導の質が悪かったり、受験や模試の情報も家庭教師次第となるため情報が乏しい場合があります。
そのため、保護者側がしっかりと家庭教師の信頼性や実績を見極めていく必要が出てきます。

●先生の選び方

家庭教師会社

<利用開始時>
家庭教師会社の場合は、ヒアリング時に希望する家庭教師を伝えることで、最適な家庭教師を紹介してもらえます。

<先生の変更時>
家庭教師会社の場合は、サポートセンターなどで家庭教師の変更の相談が可能です。直接言いずらい場合もありますが、サポートセンターが間に入ってくれることでスムーズに対応してもらえます。

個人契約

<利用開始時>
個人契約の場合では、知人の紹介などではすでに情報を聞いて紹介してもらっているため選択肢はありません。
マッチングサイトを利用する場合は、自分でサイト内に掲載されている家庭教師の情報をみて選ぶことになります。マッチングサイトによってどんな情報が掲載されているか異なる場合がありますので、いくつか比較検討してみるのも良いかもしれません。

<先生の変更時>
個人契約の場合は、契約後となるので保護者が直接家庭教師と交渉する必要があります。変更する場合は、新しい家庭教師を探すことも必要となるため保護者の負担が多くなると考えられます。

●トラブル対応

家庭教師会社の場合は、トラブルや相談事などさまざまな内容に対応してくれるサポート体制が整っています。各社で窓口をしっかり設けている場合が多いので安心して対応してもらえます。

個人契約の場合は、トラブルはすべて保護者側が対応しなければなりません。
家庭教師の勤務態度や、成績の向上が見られない場合の相談など話しにくい内容もありますがお子さんのためにもしっかり対応して解決していきましょう。そのためには、普段から家庭教師とお子さん、保護者でのコミュニケーションをしっかり取ることが大切です。

家庭教師会社と個人契約の違いまとめ

上記の違いをまとめると以下の通りです。

入会の流れ月謝(授業料)指導内容先生の選び方トラブル対応
家庭教師会社
個人契約×

家庭教師会社と個人契約の違いについて見ていくと、それぞれのメリット・デメリットが見えてきます。
どちらを利用するのがお子さまやご家庭にあっているのかをよく検討することが大切です。

お子さんに最適な家庭教師を見つけましょう

上記で述べたように、家庭教師の探し方には大きく、「家庭教師会社から家庭教師を紹介してもらう方法」と「個人で家庭教師を探す方法」の2通りがあります。

サポート体制を重視するようであれば、さまざまな家庭教師が集まっている家庭教師会社を利用する方が向いてるでしょう。

一方で、費用を安く抑えたい、自由に家庭教師を探したいという場合は個人契約が向いています。

ご家庭に合った契約方法で、お子さんに最適な家庭教師を見つけましょう。

『家庭教師比較くらべーる』では、さまざまな家庭教師会社を紹介しています!
お子さんにぴったりの家庭教師を探すためにも各社を比較することが大切です。まずはお子さんの学年・お住まいの地域を入力して、人気の家庭教師会社をチェックしてみましょう!

最新の授業内容料金プラン
お得なキャンペーンがわかる!

お子様にぴったりの家庭教師の
資料をもらう無料
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証

特集

地域から家庭教師を探す

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄