家庭教師・比較くらべーるによる中2国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学2年生
国語の学習内容と勉強法

中学2年生になって国語の成績が伸び悩んでいるという生徒さんはいらっしゃいませんか?古典や漢文などの歴史文の学習が始まり、国語に苦手意識を持つ生徒さんもいます。今回は、現在国語に苦戦している生徒さんのための学習方法をご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

中学2年生の国語の学習内容

国語の学習内容

・文法
・古典
・漢文
・漢字
・熟語

中学2年生が国語でつまづきやすい単元と解決法

ここからは中学2年生の国語でつまずきやすい単元の解決法をご紹介いたします。

文法は分類と暗記

漢字の読み書きに加えて、中学2年生ではテストで文法の出題がされるようになります。

漢字と合わせてテストで点数を取りやすい単元となっており、普段使っている言葉の活用形などを考えることに苦手意識を持ってしまう生徒さんがいらっしゃいます。しかし、文法は分類と暗記さえできればすんなりと問題が解けるようになるのです。

文法は分類を覚えることから始まります。動詞・形容詞・名詞、活用があるかないか等がすぐに判断できるようになるまで練習問題を繰り返し解くことで覚えることができます。

文法の分類ができるようになったら、次は活用の種類を覚えます。カ行変格活用など、特殊な場合もありますのできちんと覚えるようにしましょう。

文法は暗記がメインとなりますので、反芻学習することで完璧に身につけることで克服できます。

古典は日本語という意識を改める

中学2年生で初めて古典の文章に触れて苦手意識を持つ原因の一つに、現代と古典の時代では全く意味の異なる単語があります。
下記例を参考に説明します。

<例>
「いとほし(いとおし)」…【古典】気の毒だ・かわいい【現代】愛おしい

「いとほし」をそのまま現代の意味で読んでしまうと、古典では「いとほし」の意味が全く違いますので、古典の文章の内容を把握できなくなります。そのため、日本語だけど古典は英語と同じ様に全く違う言語だという意識で挑む必要があるのです。

また、文章の内容は当時の時代背景が大きく影響しているため、古典の文章が書かれた時代を頭に入れておくと作者の伝えたい主張が以外とすんなり見えてくることもあります。

古典は古語単語の正しい意味を覚えるということが単元克服の大きな対策となります。

漢文は基礎固めをしっかりとする

漢文は元々中国から伝わってきた文章です。

日本人が読みやすいように返り点や送り仮名をつけた文章が日本における漢文となっています。漢文は漢字の羅列で見ただけで苦手に思うかもしれませんが、中学2年生ではそこまで深い理解は必要ありません。基礎がしっかりしていれば点数が取れる単元になっています。

漢文の基礎の押さえるべきポイントは【正しい返り点の付け方】【送り仮名の位置】【詩の形態】の3つです。漢文は基礎を固めて詩の内容を勉強することが単元克服の大きな一歩となります。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここからは編集部から中学3年生のために全体的な国語のアドバイスをします。

中3になると受験に向けた学習内容とシフトしていきますが、まだ内申点に関わる定期テストが実施される予定の場合には定期テスト対策が必要です。受験対策とは分けて対策を行うことでより効果的な学習を進めることができるので大変おすすめです。

受検を意識しつつ目的ごとに適した対策を心がけましょう。

定期テスト対策

定期テストは内申点に影響する大事なテストですのでしっかりと対策を行いましょう。

学校で使っている教科書を使った勉強法が一般的ですが、問題の練習は普段授業で行われる小テストや宿題も使ってみてください。万が一問題が解けないということであれば、指定されているテスト範囲より前の学習内容でつまづいている可能性がありますので、テスト範囲外にはなってしまいますが一度遡って復習する必要があります。

テスト範囲内の問題で点数が取れれば大丈夫ですが、テスト範囲より前の段階でつまづいていると点数に響いてしまいますので、焦らず冷静に対処できるかがポイントです。つまづきやすい単元や解決法を参考に効果的な定期テスト対策を進めてみてください。

受験対策

志望校も決まりいよいよ本格的な受験勉強がスタートする時期です。

合格レベルに到達できるような対策が必要ですので、志望校の過去問を使ってより多くの問題を練習しましょう。たくさんの問題を解くことで志望校の入試問題の傾向を掴むことができます。また、問題への慣れが自然と自信に繋がることでしょう。

国語では中3で新たに追加される単元はありませんので、中1・2年次での学習の延長となります。中3の時点で国語に苦手意識を持っている場合には「理解力」に欠けている可能性がありますので、今までの学習内容を再度復習し、繰り返し練習します。
暗記のコツを掴むことで定着率も上がりますので試してみてくださいね。

現在の苦手分野を把握し、より志望校に適した受検対策が合格へのカギとなります。

自分に合った国語の勉強法を見つけたい中学2年生のみなさん、家庭教師を利用しませんか?

現在、中学2年生で国語に対する勉強法を一人で模索しても見つけられない生徒さんは是非、家庭教師を検討してください。

自分に合った勉強法で楽しく成績が伸びれば、国語という教科に対しての苦手意識もなくなり、安定した成績を出せること間違いありません。また、自分一人だと分からない学習に関する癖や傾向などを家庭教師が把握し、一人ひとりの個性に合わせた学習方を提案することが可能ですので、勉強の楽しさを中学2年生で感じることができればその後の学習意欲にも繋がっていきます。

現在、家庭教師センターは複数ありますが、ご家庭の御予算や環境などに合ったぴったりの家庭教師を選別するためにも、家庭教師診断行ってみてください。生徒さんのためによりよい家庭教師を探すためには一つに絞るのではなく、複数の家庭教師センターで比較し、検討することをお勧めいたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント