家庭教師・比較くらべーるによる中2理科のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学2年生
理科の学習内容と勉強法

こんにちは。こちらでは家庭教師・比較くらべーるが、「中学2年生・理科の学習内容と勉強法」をお伝えします。中学2年生の理科の学習でよくある悩みを取り上げてみました。ぜひこの勉強法を試してみて下さい。

中学2年生の理科の学習内容

中学2年生の理科の分野と詳細

第1分野
・電流とその利用(静電気、回路と電流と磁界、電気の利用)
・化学変化と原子・分子(物質の成り立ち、化学変化と物質の質量)

第2分野
・動物の生活と生物の変遷(動物の生活と分類、感覚と運動、生命を維持する働き)
・気象とその変化(気象観察と天気・前線、大気中の水の変化)

中学2年生が理科でつまづきやすい単元と解決法

こちらでは、中学2年生が理科でつまづきやすい単元や解決法をご紹介します。ぜひ学習のヒントにしてみて下さい。

「電流・磁界」の問題が苦手な生徒さんの解決法について

図を読み取って計算したり、作図したりする問題がよく見られます。
「右ねじの法則」「フレミングの左手の法則」をきっちり理解することで、どんな図を見てもスラスラ解けるようになってくるでしょう。

きっちり理解するには、学校の授業で聞いたあと、復習の際に自分の手を使って問題を解いてみる癖をつけることが大切です。教科書や間違えた問題の解説を読んだだけで分かった気持ちになることもありますが、実際に自分の手で実践しないとなかなか力がつきません。

「化学変化と原子・分子」が苦手な生徒さんの解決法について

たくさんのローマ字や記号が出てきて難しそう、どれも同じに見えてしまう、自分で書けないという悩みを良く聞きます。

けれども実際の化学反応式は20パターンほどしかありません。理解をして自分で作れるようになるのは理想ですが、20パターンを完全に暗記してしてしまう方法もあります。暗記すれば、問いに適切な化学反応式を書けたり、穴埋め問題にも対応できるので、すぐに点数に繋がるでしょう。

ガスバーナーなどの実験・観察器具の使い方や各部位の名称もよく問われるので、きっちり暗記しておくことが大切です。

「天気」が苦手な生徒さんの解決法について

まずは天気図や気団を覚えてみましょう。それだけで暗記部分の得点がしっかり取れます。飽和水蒸気量と気温の関係、大気圧の問題は苦手な生徒さんが多いので、解けるようになると有利です。

飽和水蒸気量と気温の関係では、室内の水蒸気の量を図で表す練習を繰り返します。イメージができてスムーズに解けるでしょう。また、大気圧の問題では表面積を1㎡に換算して求めることを理解できれば、意外と簡単に解けるようになります。

中学2年生の理科全般が苦手な生徒さんの解決法

まずは「動物の生活と生物の変遷」の単元の暗記から取り組みます。それから気象に関する内容や化学反応式のパターンを暗記すると点数が上がりやすくなる傾向があります。

「動物」の単元では、動物を頭に思い浮かべたりノートに描いてみたりして、イメージと共に暗記してみましょう。
化学反応式は、「炭酸水素ナトリウムの熱分解」「酸化銀の熱分解」「水の電気分解」がよく出ますので、まずはそれから暗記することをおすすめします。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

中学2年の理科について、編集部から総合的なアドバイスをします。

中2の理科は暗記も重要ですが、法則やパターンがしっかりと身についていれば解ける問題がたくさんあります。これから紹介する定期テストや受験対策に活用できる方法ですので、是非参考にしてみてください。

また、それぞれの対策はよりはっきりとした目的を持って取り組むことが重要なポイントです。定期テストは内申対策、志望校合格は受験対策と各目的に適した方法で対策を進めていきましょう。

定期テスト対策

定期テストの攻略には、学校の教科書などでのテスト範囲の勉強と普段授業で行われる小テストや日々の宿題を利用することが最適です。

テスト当日に問題が解ければOKなのでテスト範囲のみの勉強でも十分ですが、テスト範囲の問題が解けない場合には前の範囲まで戻って復習する必要があります。日々の宿題や小テストをしっかり頑張って理解できていることが理想ですが、遡って勉強をする必要がありそうな生徒さんは早めに定期テスト勉強を始めましょう。

中2の理科の学習内容の中でつまづきが多い単元や解決法を改めて確認し、より適した定期テスト対策に取り組んでください。

受験対策

受験対策では、志望校で実施される学科試験の勉強と内申点に関する対策が必要です。

志望校が決定している生徒さんは志望校の過去問をたくさん解いて学科試験の勉強を進めましょう。過去問を解いた数だけ入試傾向や問題を解くコツを掴むことができます。もまだ志望校が決定していない場合にはだいたいの目標(どのくらいのレベルの学校へ行きたいのか)でもいいので目標を決めた上で対策を行うことをおすすめします。

明確な目標を決めることでより意識も高まり志望校合格が近づきます。

中2の理科では取り組む分野の順番によって成績を上げることが期待できる教科で、まだ受験まで間に合う学年でもありますので、焦らず一つずつ確実に苦手分野を克服していきましょう。

得意と不得意を把握して一緒に取り組んでくれる家庭教師と共に、中学2年生の理科をもっと伸ばしてみませんか?

中学2年生の理科の学習内容には、法則やパターンををしっかり覚えていれば、確実に得意にできる単元がたくさんあります。特に自分の手を使って解答を導けるようになるには、面倒がらずに10問20問と繰り返し実践するしかありません。個別指導を通して、参考書を読むだけでは手に入らない勉強方法で理解していることを実感し、入試までを見通して着実に積み重ねていくことをお勧めします。

こちらではお子様やご家庭の状況に応じて、より良い学習環境づくりのために最適な家庭教師センターをご紹介いたします。他にも色々な家庭教師センターがありますので、何件かのセンターで資料請求をすることをお勧めいたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント