家庭教師・比較くらべーるによる高校生化学のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生
化学の学習内容と勉強法

こちらは高校で学習する化学ついての学習内容と学習方法についてをご紹介しているページです。化学の学習方法や勉強を進めていく上でのポイントを知りたい方は是非一度ご覧ください。

高校生の化学の学習内容

化学基礎の学習内容

●化学と人間生活( 化学と人間生活とのかかわり・物質の探究・化学と人間生活に関する探究活動)
●物質の構成(物質の構成粒子・ 物質と化学結合・物質の構成に関する探究活動)
●物質の変化(物質量と化学反応式・化学反応・物質の変化に関する探究活動)

化学の学習内容

●物質の状態と平衡(物質の状態とその変化・溶液と平衡・物質の状態と平衡に関する探究活動)
●物質の変化と平衡(化学反応とエネルギー・ 化学反応と化学平衡・物質の変化と平衡に関する探究活動)
●無機物質の性質と利用(無機物質・無機物質と人間生活・無機物質の性質と利用に関する探究活動)
●有機化合物の性質と利用(有機化合物・有機化合物と人間生活・有機化合物の性質と利用に関する探究活動)
●高分子化合物の性質と利用(高分子化合物・高分子化合物と人間生活・高分子化合物の性質と利用に関する探究活動)

高校生が化学でつまづきやすい単元と解決法

高校の化学の学習内容と効率的な学習方法についてご紹介いたします。化学を苦手としている生徒さんはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「物質」の把握から始めましょう

高校の化学は「物質の状態や物質の変化・有機化合物・無機物質」等、さまざまな「物質」についての内容を学習していきます。

まずは「物質は粒子から成り立っており、温度による熱運動を起こし、個体・液体・気体に変化ている」ということを理解していきましょう。その後、どのようなエネルギーが加わると状態が変化するのか、物理変化と化学変化の違いも学習してください。

物質を構成する「粒子」も基本です

物質を構成する「粒子」についてもしっかりと覚えておかなければ、高校の化学を勉強することはできません。「粒子」には原子・イオン・分子があり、この3つをしっかりと把握することが大切です。

特に最初に習う原子は、物質を構成する元素の実際の姿であり、粒子の状態を表しているものです。この原子・イオン・分子は高校化学で最も重要になりますので、必ず覚えましょう。

周期表も大切

元素をまとめた周期表がありますが、これを覚えることが非常に重要です。化学反応式等の公式の学習をする際、周期表を把握してなければ、公式を使うことができません。

周期表には水素H・炭素Cといった基本の元素が記されています。周期表の横の並びが「周期」、縦の並びが「族」となっており、横並びは原子番号の順、縦は性質が似ているものでまとめられていますので、周期表の元素だけでなく書いてある位置も重要です。

化学反応式への対策

化学物質が別の物質に変化する化学変化を式にしたものを化学反応式と言いますが、この化学反応式でつまづく生徒が多くみられます。
数学よりもややこしい公式だと感じる生徒が多く、また馴染みがないためすぐに解き方を覚えることを諦めてしまうようです。

そのような生徒さんは簡単な化学反応式で構造式を書き、化学反応の基礎を覚えることから始めていきましょう。

高校で学習する化学への対策

上記で物質や粒子の話をしてきましたが、高校の化学は、まずは「粒子」についてを覚え、元素記号や分子式を覚えることが重要になります。この内容が頭に入っていなければ、化学反応式や無機化学の反応式等の様々な化学式に対応できません。

元素記号は暗記になりますが、分子式はただ覚えるのではなく、構造式を理解した上で覚えることで、より深く学ぶことができますので、なぜその分子式になるのかを表した構造式も合わせて身につけておきましょう。

構造式は見て覚えるのではなく、実際に書くことでより深く習得できますので、必ず書いて覚えるようにしてください。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

高校での化学の学習方法について編集部よりアドバイスをいたします。

化学は最初に元素記号や分子式を覚える段階からスタートしていきましょう。完全に覚えていないと、後の授業がほとんどわからなくなっていってしまいますので、まずは基本をしっかりと覚えてください。

元素記号はただ暗記するのではなく、実際に周期表を書いてみることで頭に入っているかを把握することができます。
また分子式も構造式を書き、分子の構造を納得した上で学習を行っていくとよりスムーズに化学の内容を理解することができるでしょう。
元素記号と分子式が理解できたら様々な反応式に進みますが、これもわかりにくいなと感じたら構造式を書いてみることでより理解できるようになります。

1、2年生はしっかりと定期テスト対策を行い、高校3年生は受験となりますので受験対策に力を入れましょう。

定期テスト対策

高校の化学の定期テストは、範囲内の教科書やワークの中からの出題になりますが、化学反応式等は教科書やワークとは異なった内容が出題されることもあるかもしれません。

しっかりと内容を把握しているかの試験になりますので、ただ暗記をするだけでなく、意味を理解した上で覚えていくことが大切です。

定期テストは大学受験に比べたら、ほんの一部の範囲ですので、しっかりと対策をおこなってください。毎回の定期テストを理解し、しっかりと覚えておくことができれば、大学受験対策の時にも効率的に勉強を進めていくことができます。

受験対策

旧課程で化学Ⅰで習っていたものが「化学」に移動された項目が多く、受験する大学が「化学基礎」のみを範囲としている場合は出題内容が減っています。しかし、その分密度の濃い問題が出題されることもありますので、しっかりとすべての単元の内容を把握しておかなければなりません。

まずは最初に習った元素記号や分子式・化学反応式等の基本をしっかりと学び直し、基礎学力を徹底的に身につけることから始めていきましょう。さらに用語についても意味を理解した上で覚えておくことが大切です。
受験期間の後半ではどのような問題にも対応できるかという応用力を鍛える学習法を行い、苦手があればすぐに解決する策をとっていってください。

また自分の志望校に応じて対策を練ることも大切になりますので、過去問などを利用し傾向を掴むこともまた必要です。
今の現状を把握し自分の得意分野だけを伸ばすのではなく、苦手分野を克服することも考えて受験勉強を行いましょう。

化学の苦手分野をなくし、効率良く化学を学習したい・成績を上げたいという生徒さんは家庭教師をご検討ください

高校に入り生物・物理・化学と分かれますが、生物は好きだけど化学は苦手という生徒さんが多く見られます。
化学は数学的要素が含まれますので、理数系を苦手とする生徒さんは特に化学を覚えることが難しく、高校1年生の段階で化学がわからなくなってしまったという場合が多いようです。

周期表の暗記はできたけれど、全く化学がわからないという生徒さんは是非家庭教師をご検討ください。

家庭教師ならば、ただの暗記物とはせず、しっかりと内容を把握させた上で化学の内容を教えることが可能です。

家庭教師にご関心がある方は、一度家庭教師診断をお試しください。
その際、有名だからという理由ですぐに1つの家庭教師センターに決めず、より生徒さんに合う家庭教師をお選びいただくことをお勧めいたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント