家庭教師・比較くらべーるによる高校生英語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生
英語の学習内容と勉強法

英語は主要5教科の中でも文系理系問わず必須の科目であり、受験でも大変重要な科目です。しかし、実際には英語が不得意であったり苦手意識を持つ生徒さんが多いのが実情です。ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校生の英語のつまづきやすい単元、さらには解決方法をご紹介します。

高校生の英語の学習内容

高校1年生 英語の学習内容

・基本文型
・時制
・助動詞
・態
・準動詞(不定詞・動名詞・分詞)
・関係詞
・仮定法
・話法+前置詞、接続詞
・リスニング
・必要単語数 中学卒業時1600語プラス高校1年生で1000語の習得

高校2年生 英語の学習内容

・高校1年生で学んだ文法のさらなる応用
・関係代名詞
・関係副詞
・分詞
・助動詞
・受動態
・仮定法
・長文読解
・リスニング
・必要単語数 高校1年終了時2600語プラス高校2年生で500~600語の習得

高校3年生 英語の学習内容

・高校2年生まで学んだ文法のさらなる応用
・文の種類
・文型
・動詞
・前置詞
・代名詞
・助動詞
・受動態、動名詞、不定詞
・時制の一致
・名詞と冠詞
・特殊な構文
・リスニング
・必要単語数 高校2年終了時3100語プラス高校3年生で500~600語の習得

高校生が英語でつまづきやすい単元と解決法

高校英語は中学で学んだ基礎の上に応用力を身に着ける学習です。文法や単語等、中学で学んだことが理解できているという前提の基に学習が進みます。 ここでは、高校生の英語でつまづきやすい単元、また解決方法をご紹介します。

中学英語が理解できていない

基本的な文法は既に中学卒業時までに学習を済ませ、高校では理解できていることが前提の内容です。
中学で習う文法や単語がしっかり理解できていなければ、高校英語を理解することはできません。しかし、実際はなかなか中学英語をしっかり習得できている生徒さんが少ないのが実情です。

ただ、新しく習った単元ばかりを学習しても、基礎ができていなければしっかり理解したとは言えません。わからなくなったら中学の内容に戻り、復習する事が大切です。高校で学習する文法や文の構造は中学で学んだ事の延長線上にあり、ほぼ新しい事柄は出て来ません。一見、習得には遠回りにも思える復習をしっかり行うべきです。

仮定法が苦手の生徒さんが多い

高校1年生から3年生まで、どの学年の生徒さんも苦手とする事が多い単元が仮定法です。文章が長くなりがちで、時制の一致も難解である事から、苦手とする生徒さんが多い単元です。しかし、難解だからこそ、定期試験や受験では頻出の単元ですので、しっかり理解する必要があります。

基本的な仮定法の型は中学で勉強しているのですから、まずは基本の形をしっかり確認しましょう。文が長くなっても、単語が難しくなっても、基本の型は変わりません。しっかり主文と副文を分けて整理する必要があります。
また、仮定法過去、仮定法過去完了、仮定法未来等、時制の問題に関しては、仮定法としてではなく、時制の単元の学習をしっかり行ってから整理しましょう。

長文読解について

定期試験、受験どちらでも必ず出題される長文読解は配点の割合が高い問題です。そもそも長文を読む事に慣れていない事で苦手意識を持ってしまっている生徒さんが多いのも事実です。

長文読解を解くには、まず文の全てを読み取るのではなく、大まかに何が言いたいのかを理解します。最初に書かれている文の題名と、文章の最初と最後に重要なヒントが散見されます。大まかな内容が理解できた後に、細部までしっかり見ていきます。
仮定法や関係詞等、難解で頻出の内容が必ずありますので、そこを注意深く確認しましょう。また、何度も同じ単語が出てきた場合は、その単語が核になる可能性が高いですので、覚えておくことも大切です。

リスニングへの苦手意識

読む、書く事ばかりに注意が行ってしまうと、リスニングの学習が疎かになってしまう場合があります。しかし、リスニングも受験では必須の課題です。英語を何度も聞き、英語を話すスピードに慣れる必要があります。また「L」と「R」の発音の違い等、リスニングならではの問題にもしっかりと対応できるようにしておきましょう。

とにかく多くの問題数をおなし、英語を聞く事に慣れることが最重要です。

語彙力への不安

高校卒業時までに約4000語の習得が必須とされる語彙力にも不安がある生徒さんが少なくありません。
しかし英語という「科目」とは言え、基本は「語学」ですので、英語を習得するということは皆さんが日本語を覚えた方法と同じです。何度も読み、見て、書き、言葉として発する事で語威力を向上させることができます。

一日で習得できるものではありませんので、高校3年間を通して地道に語彙数を増やしていく必要があります。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

文系、理系問わず高校生必須の科目である英語に対して、苦手意識がある高校生の皆さんには、一人一人に合った内容、方法を提案してくれる家庭教師がお勧めです。受験対策、定期試験対策それぞれに対応できますし、今の自分の実力に沿って復習中心、先取り中心等の授業を生徒さん一人ひとりに合わせて行なうことができます。

一つの家庭教師センターに限らず他の家庭教師センターの比較も行う事で、自分に合ったセンターが見つかりますので、是非比較検討されてください。

定期テスト対策

まずは語彙の不安を払拭できるよう、地道に覚えていきましょう。文の構造や文型が多少理解できなくても、核となる単語の意味が理解できれば内容を想像する事ができますし、点数アップにも繋がります。

また、どんなに難解な文章であっても、必ず基本となる文型が存在します。出題範囲だけでなく、しっかり復習を行う事で応用問題にも対応できます。

受験対策

定期テスト対策と同様、語彙力、基礎能力が最重要です。また、長文読解やリスニングは慣れも大切ですから、とにかく試験までに多くの英語を聞き、読み、書き、発音する練習を一回でも多く行いましょう。

英語に対する苦手意識が取り除かれれば、難解な問題もしっかり紐解いていけますのでしっかりと対策を行いましょう。

英語の成績をもっと上げたい、苦手意識を取り除きたい、英語について悩みのある高校生の皆さんには家庭教師をお勧めします

文系、理系問わず高校生必須の科目である英語に対して、苦手意識がある高校生の皆さんには、一人一人に合った内容、方法を提案してくれる家庭教師がお勧めです。受験対策、定期試験対策それぞれに対応できますし、今の自分の実力に沿って復習中心、先取り中心等の授業を生徒さん一人ひとりに合わせて行なうことができます。

一つの家庭教師センターに限らず他の家庭教師センターの比較も行う事で、自分に合ったセンターが見つかりますので、是非比較検討されてください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント