家庭教師・比較くらべーるによる高校生日本史のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生
日本史の学習内容と勉強法

「日本史」は覚えることが大変多い科目です。成績を上げるためには、時代の流れと人物や出来事などの言葉を同時に確認していくことがポイントになります。現状のレベルにあった勉強法を見つけ対策を行いましょう。

高校生の日本史の学習内容

日本史Aの学習内容

・私たちの時代と歴史
・近代の日本と世界
・現代の日本と世界

日本史Bの学習内容

・原始・古代の日本と東アジア
・中世の日本と東アジア
・近世の日本と世界
・近代日本の形成と世界
・両世界大戦期の日本と世界
・現代の日本と世界

高校生が日本史でつまづきやすい単元と解決法

日本史は暗記するだけの科目であると思われがちですが、成績を上げるためには時代の流れを理解することが必要です。高校生がつまづきやすい単元と、日本史の勉強法をご紹介します。

「原始時代だけは完璧」にしてしまっていないか

日本史が苦手な生徒さんでも、「原始時代は完璧」という方が多くいます。歴史科目の勉強をする際、最初の方に力を入れ完璧にできるが、時間が足りず後の方が疎かになってしまうという落とし穴があります。

完璧に覚えられていなくても、どんどん先に進めて、まずは全ての内容を学習することが大切です。

日本史が苦手な生徒さんが時代の流れをつかむ方法

歴史が嫌い、苦手で教科書や参考書が頭に入らないという生徒さんは「日本の歴史」の漫画を読んでみましょう。
イラストがあることで頭に入りやすく、漫画でおおまかな流れをつかむことで、日本史の勉強に取っ掛かりやすくなります。
漫画に抵抗がある場合は、「実況中継」もお勧めです。

どちらも、一つの時代を繰り返し何度も読むのではなく、まずは一通りすべてに目を通すことが大切です。

つまづきやすい明治時代の勉強方法①

大学受験で頻出される分野のひとつが明治時代です。
明治時代は覚えることが多く、苦手と捉えてしまいやすい時代です。しかし、覚えることが多いだけで特に難しいという訳ではないので、ポイントをつかんで勉強しましょう。

明治時代の大きな出来事のひとつは内閣制度ができたことです。
そのため総理大臣に関する問題が出題されますので、総理大臣の名前だけではなく、各総理大臣が行った政策をセットで覚えましょう。

つまづきやすい明治時代の勉強方法②

明治時代のもう一つの大きな出来事は「鎖国制度」が解かれたことです。
外国との結びつきができたことにより、日本が大きく変わりました。

明治時代末期には不平等条約を結ばされ、そのため日本は「外国に追いつき、追い越す」という時代に入ります。
外国の真似をし様々な政策を行い、政策の内容とともに各国とどのような出来事があったのかということを覚えましょう。

つまずきやすい近現代の勉強方法

大学受験で頻出されるもう一つの分野は近現代です。
大正時代には第一次世界大戦が起こり、日本は参加していないものの輸出の影響で日本は大きく成長しました。
また、昭和時代には太平洋戦争、日中戦争が起こったことも頭に入れておきましょう。

大正・昭和で日本がどのように変わったか、その流れを戦争を交えて覚え、この時代は日本史の中でも特に時代の流れを理解しながら勉強することが大切です。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部から高校生の日本史に関した総合的なアドバイスをします。

日本史は勉強の仕方によって好き・嫌いが分かれやすい科目です。
丸暗記せず、時代の流れやその時々の日本の様子を理解することによって、楽しみながら勉強できると考えています。
定期テストで確認をしながら、受験対策につなげましょう。

定期テスト対策

定期テストでは、担当している先生によって出題の仕方が大きく左右されます。そのため、まずは学校の授業ノート、配布プリントの確認をしましょう。年表や図、人物の写真なども確認しておきましょう。

次に、学校で指定されている問題集を解いて下さい。漢字で答えなければいけない問題も多く出題される可能性があるので、漢字で答えられるようにしておきましょう。解いて終わりでは覚えられていない可能性があります。間違った問題は教科書で確認し、時間を空けて繰り返し解くようにしましょう。

最後に一問一答で確認を行い、学校で指定されていなければ、教科書と同じ出版社のものが勉強しやすくお勧めです。
ここでも漢字のチェック、また間違った問題は教科書で前後の流れまで確認することが大切です。

受験対策

受検で最も出題されるのは、明治時代、大正時代、昭和時代です。それ以前や以降が出題されないというわけではないので、まずは「実況中継」などを使って全体の流れを確認しましょう。時間に余裕がある場合は、読み物ではなく、穴埋めをしながら時代の流れがつかめる参考書を使用してもいいでしょう。

次に、各時代ごとの流れを確認しながら、一問一答で確認をしていきましょう。完璧に覚えなければ次に進めないとしてしまうと、頻出される明治以降が疎かになってしまいます。一つの時代で止まらないように注意しましょう。

最後に、実践形式の問題です。間違えた問題を直す際には、同じ内容の問題が、違う形で出題されたときにも得点できるよう、前後の流れや関連する出来事をセットで確認するようにしましょう。

自分の志望校に合わせ「必要なレベル」まで学力を上げていき、志望校に合格できるように過去問等を使って傾向を掴むことも大切ですので、効率的な対策を行うことが重要となります。

「日本史の成績を上げたい」「日本史の勉強方法が分からない」とお考えの生徒さんは家庭教師をご検討下さい

日本史は暗記をするだけだからと、一人で簡単に勉強をできると思われがちな科目です。
ところが、日本史で重要なのは暗記だけではなく時代の流れをつかむことです。

「ひとつの出来事で日本はどのように変わったのか」「なぜ●●政策を行ったのか」など、背景を理解した上で言葉を覚えることが日本史の成績を上げるためには必要になります。

家庭教師なら一対一で、会話をしながら勉強することができます。このような勉強方法は、一人で教科書を読むより頭に入りやすく、生徒さんのレベルに合った指導が行えます。
ぜひ一度、家庭教師センターにお問い合わせください。また、他の家庭教師センターの資料も複数請求し、比較検討することをお勧めいたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント