家庭教師・比較くらべーるによる高校生国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生
国語の学習内容と勉強法

ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校生の国語の学習内容・勉強法についてお伝えします。高校生の国語では、現代文だけでなく、古文、漢文も学習していきますので内容の幅が広がります。多くの単元があり、苦手意識を持つ生徒さんが少なくない国語についての対策をご紹介していますので、ぜひ最後までご一読ください。

高校生の国語の学習内容

高校生 国語の学習内容

現代文
・随想
・小説
・評論
・詩
・短歌、俳句
・表現(読む、書く)
・漢字
・文法

古文
・説話
・随筆
・詩歌
・物語
・文法

漢文
・訓読
・故事、故事成語
・唐詩
・史話
・論語

高校生が国語でつまづきやすい単元と解決法

高校生の国語では中学で学んだ基礎を基に、豊かな表現力が求められ文章も難解になります。古文、漢文も加わり、内容が豊富な科目です。受験においても必須科目になりますのでしっかりと対策を行う必要があります。 ここでは高校生の国語について、つまづきやすい単元とその勉強法についてご紹介します。高校1年生から3年生まで皆さんに参考になる内容ですので是非ご覧ください。

現代文に対する意識

中学に比べ、難解な文章が増える現代文を敬遠する生徒さんが少なくありません。文章が長くなれば長くなるほど、苦手という先入観が生まれてしまう生徒さんもいます。
しかし、文章を全部読んでいたら試験や受験では時間が足りませんので、全てを読む必要は寧ろありません。自分で重要だと思う箇所を見つけ的を絞っていけば文章をまとめることができます。

多くの文章に日頃から触れる事もとても有意義ですが、それ以上に問題の解き方を知っていればさらに効率的に試験や受験に臨むことができます。

記述問題について

高校の国語ではより高度な文章を書く事が要求され、語彙が豊富で表現力豊かな文章を短時間でしっかり書けるようになる必要があります。

語彙は高校生のうちに一つでも多く習得できるよう、日々学習をするようにしましょう。また、高度な文章と言っても基本の文の構造がしっかりしていなければ、綺麗な文章とは言えません。文法や助詞の使い方、漢字の間違いはないかなど、しっかり基礎を理解しておきましょう。

苦手な生徒さんが多い古文

現代文に比べて、どうしても日頃触れる事が少ない古文に関して苦手と感じる生徒さんは少なくありません。しかし、現代文と勉強法は基本的には同じと考えられます。

まず、しっかり古語を覚えましょう。語彙が多ければ多いほど、ヒントの数が増えることになります。次に文の構造をしっかり理解し、品詞分解の基本をしっかり覚えていきましょう。
古文はある程度文章や設問の型が決まっている事が多い単元ですので、設問の傾向に慣れることが重要となっていきます。

漢文について

漢文も古文と同様、基本をマスターすればある程度傾向を掴む事のできる分野ですが、苦手と感じる生徒さんが多いのが実情です。

漢文では訓読の基本をマスターする、句法をきちんと理解する事が最重要となりますが、最初は覚える事柄が多いので苦手と感じてしまいがちです。しかし、覚えてしまえば多くの設問を解く事ができますので、取りこぼしのないよう一つずつ覚えていきましょう。

辞書の使い方

現代文、古文、漢文全てにおいて、机上に辞書の用意をして学習に臨むようにしましょう。知らない言葉が出てきてそのままにしてしまうと、解ける問題も解けなくなってしまいます。知らない語彙が多いと、それだけで国語に対して苦手意識を持ってしまいがちです。

知っている語彙が多ければ、表現の幅も広がりますので、難しい設問に関して大きなヒントとなり得ます。
辞書を日頃から使用するよう習慣化しておき、辞書の使い方にもしっかり慣れていきましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校生の皆さんへ、国語の勉強法に関するアドバイスをします。

国語は普段日常で最も多く触れる機会のある教科ですので、大変重要な教科であると言えます。日頃から読書や新聞を読む習慣をつけ、多くの言葉に触れる事で苦手意識をなくしておきましょう。
多くの文章を読み、自分で文章を書く練習も大切です。漢字や言葉も読み、見て、書き、覚えていく学習を是非行ってください。

国語はすぐに上達するものではなく、日々の積み重ねが特に大切な教科の一つですので、早い内からの対策が受験への鍵となります。

定期テスト対策

定期テストの対策として、既出の文章に関しては繰り返し読んで、あらすじをしっかり理解しておくようにしましょう。文章の中に出てくる漢字や、語彙、古文や漢文では特に古語、漢語をしっかり理解できるようにしておく必要があります。

新出の文章も、しっかり核を捉え、取りこぼしのないように解いていきましょう。設問を先に読む、あらすじを掴む等基本を忠実に守れば解ける問題ばかりです。

受験対策

定期テスト対策と同様、文章の読み方は基本を忘れずに解くようにしましょう。
日頃から語彙、漢字は豊富にしておく必要があります。しっかり余裕を持って対策を始めましょう。

勉強する中だけでなく、日常に「日本語」は溢れています。日々の中で学習できる科目ですので、言葉に敏感に学習していきましょう。

また過去問を使用して自分の苦手分野に気づくことも大切です。得意な分野だけを伸ばすのではなく、苦手分野の克服をすることが大きな点数アップに繋がりますので対策を行っていきましょう。

国語に関して悩みのある高校生の皆さんには家庭教師がお勧めです

現代文、古文、漢文と幅広く、受験の必須科目でもある国語は、他の教科の理解度を上げるためにも必要な科目です。国語が分からなければ、数学の設問の意味を理解することも、英語の文章を読む事もできません。全ての科目の基本とも言える国語に関しての悩みや苦手分野は生徒さん一人ひとり違いますので、マンツーマンの家庭教師なら生徒さんに合わせて対策を行うことができます。

マンツーマンの授業で自分の目標に合わせて教師が親身に対応してくれますので、成績アップも期待できます。

家庭教師センターは一つではなく、複数の家庭教師センターがありますので、生徒さんに合ったセンターを見つけるために、比較検討されてください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント