家庭教師・比較くらべーるによる高校生世界史のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校生
世界史の学習内容と勉強法

ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校生の世界史について学習内容と勉強法をご紹介します。高校3年間で膨大な量を暗記する必要のある世界史の勉強について、苦手意識のある皆さんにはお勧めのページです。是非参考にしてください。

高校生の世界史の学習内容

高校生 世界史の学習内容

・古代オリエント、ギリシャ、ローマ世界
・インド、東南アジア、中国、南北アメリカの古典文明
・内陸アジア、東アジアの形成、発展
・イスラーム世界の形成、発展
・ヨーロッパ世界の形成、発展
・アジア諸地域の繁栄
・近世ヨーロッパ世界の形成、展開
・近代ヨーロッパ、アメリカ世界の成立
・欧米における近代国家の発展
・アジア諸地域の動揺
・帝国主義とアジアの民族運動
・二つの世界大戦
・冷戦と第三世界の独立
・現在の世界

高校生が世界史でつまづきやすい単元と解決法

高校生の世界史では、中学で学んだ歴史の授業をさらに発展させ、深部まで学習を掘り下げていきます。ここでは、高校生が学習する世界史の中で特につまづきやすい単元、またその解決法をご紹介します。是非ご覧ください。

暗記する事柄が莫大な量になる

世界史に限らず、歴史の授業では暗記しなければならない人名や地名、言葉が数多くあります。闇雲に暗記しようとしても、膨大な量がありますので、大変苦労する生徒さんも少なくありません。

しかし人名や地名、出来事をしっかり整理し理論建てした上で、関連付けて暗記をすれば、学習がしやすいのです。歴史の流れを大まかに捉える事も重要ですので地道にしっかり暗記していきましょう。

時事問題を疎かにしている

特に受験では頻出の問題となっている、最近の時事問題についてしっかり理解ができていない生徒さんが少なくありません。日々変化する国際情勢をしっかりと理解する必要があります。

日頃からニュースを見る週刊、新聞を読む習慣をつけましょう。今を知る事で、昔に遡ることができます。今と昔を関連付ける事で得るものも大いにあります。

中国史について

中国史は他の国に比べて難解な漢字が多く、解答の際にケアレスミスが目立つ単元です。他国に比べ、しっかり確認する必要があります。
教科書や参考書を読むだけでなく、実際に書く練習が重要となってきますので、点数を取りこぼすことのないよう注意すべき単元です。

近現代史に対する苦手意識

近現代の単元はそれより以前の時代に比べ国同士の関係が複雑であったり、覚えるべき条約名等が多数あり、苦手とする生徒さんが少なくありません。

一つの国だけでなく関連する国をしっかり並行して理解できるよう、ノート作りや暗記方法に工夫が必要です。縦の流れだけでなく、横の繋がりもしっかり意識するようにしましょう。

時間軸と横軸の関連付け

近現代の学習方法でも述べましたが、時間軸(縦軸)と横軸を関連付ける事が苦手という生徒さんが多くいます。しかし、世界史の基本はこの関連付けです。
核となる出来事や国、人物を捉え、そこから派生させ縦軸を伸ばしていきます。まずは大まかな縦軸を把握し、横軸を付け足していく方法は大変効果的です。

古代から現代まで何千、何万年もの時代を把握するのは大変な作業ですが、まずはしっかり核となる事柄を理解するようにしましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校生の皆さんへ、世界史の勉強法に関するアドバイスをします。

世界史の勉強はすぐに覚えられるものでもなければ、すぐに上達が見られるものでもありません。地道に覚え、古代から現代までの流れを掴む必要があります。
膨大な人名、地名、条約名等、用語を覚えるには、効率的な学習法を取り入れる事が不可欠です。

大まかな歴史の流れを把握し、そこに肉付けしていくイメージで、一つずつしっかり覚えていきましょう。また、わからない事柄が出てきたら、時代を遡って調べる事も大切です。どのような経緯でその事件が起きたのか、この人物はどの内容から重要になってくるのか等、物事が発生したその瞬間に戻る必要があります。常に縦軸を意識しながら、学習を進めていきましょう。

定期テスト対策

定期テストでは、最重要語句の暗記は必須です。核となる時代、人名、地名をまずはしっかり覚えておきしましょう。ある程度、時代や国が指定されて出題される事の多い定期テストですので、内容を絞って暗記する事も大変効果的です。しかし範囲より以前の時代の復習は必須となりますので、範囲外であってもしっかり復習しておきましょう。

受験対策

受験では、古代から現代まで全ての時代から出題されます。何より、大まかな流れをしっかり把握しておき、設問がどの時代のどこの国を指しているのか、またどの人名に焦点が当てられているのかすぐに見抜く必要があります。多くの問題を解く事で慣れておく事も大切です。

また、中国史の漢字や日本語では聞きなれない外国語表記、カタカナにも注意が必要です。世界史の問題は数が多く、テンポ良く問題を解いていく必要があります。ケアレスミスをすることのないように、日頃から時間内で問題を解き切る練習も是非行ってください。

世界史の成績を上げたい、苦手を克服したいと考えている高校生の皆さんは、家庭教師をお考えください。

他の教科に比べ、暗記量が大変多いとされる世界史は闇雲に学習しても身につきません。自分に合った効果的な学習法を取り入れ、自分の苦手な分野に焦点を当てた学習が必要不可欠です。
家庭教師なら、一人ひとりに合わせたカリキュラムを導入し、様々なアプローチから指導が行われるので、世界史の学習に大変効果的ですので、是非ご検討ください。

また、家庭教師センターは一つに限らず、多くのセンターがあります。他の教科との兼ね合い等、自分に合ったセンターを見つけるために、比較検討される事もお勧めします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント