家庭教師・比較くらべーるによる中学生国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学生
国語の学習内容と勉強法

中学生で国語の勉強法に悩んでいる生徒さんはいらっしゃいませんか?「国語はセンスで決まる」と言われていますが、国語の勉強の方法を知っておけば確実に上がる教科です。今回は苦手意識をなくし、点数を上げることができる国語の勉強の仕方をご紹介いたします。

中学生の国語の学習内容

国語の学習内容

・漢字
・文法
・文章読解

中学生が国語でつまづきやすい単元と解決法

中学校の国語が苦手だと思っている生徒さんへ、これからつまづきやすい単元の解決法をご紹介を致します。是非、ご覧ください。

漢字が苦手な場合の解決法

漢字の暗記が苦手という生徒さんは、ただ漢字を書いて覚えている生徒さんが多い傾向にあります。

中学の定期テストの漢字の配分は「20点前後」と割合が大きいので、漢字で点を取ることができれば国語の成績も底上げできます。また、学校から配布されている問題集等からそのまま出題されるので、「暗記」さえしてしまえばすぐに成果を上げることが可能です。

暗記を苦手に思っている生徒さんは、下記の暗記方法を試してみてください。

①出題範囲の問題を複数部コピーする。
②コピーした1部に赤ペンで解答を全て記入し、回答を声に出して音で覚える。
③言葉で全問正解できるようになったら、赤ペンで書き込みしていないプリントに書き込み、目で覚える。

音と目で覚えるので、より効果的に覚えることができると思います。暗記は一人ひとりに合った方法がありますので、自分に合った暗記法で対策しましょう。

文法が苦手な場合の解決法

中学校の国語では細かく文法を学びます。自分たちが普段使っている言葉を細かく分類して構成や分類の意味、活用など次々と出てきます。何気ない言葉の分類や活用形等を考える事に生徒さんが苦手意識を持ちやすい単元ともなっています。

しかし、文法も暗記する単元ですので、学校で配布される問題集やプリントを上手く活用することで苦手を克服することが可能です。文法は文章を区切り、分類を考えて動詞等の活用パターンをきちんと暗記することで、成績にも良い影響が期待できます。

文法問題が苦手な生徒さんは、考えるのではなくしっかりと品詞を暗記し、活用形のパターンに当てはめるだけだと簡単にとらえることで、克服につながる繋がるはずです。

文法が苦手な場合の解決法

中学生になると、文章読解問題に対してはっきりと苦手意識を持つ生徒さんは多く見られます。

その理由の一つとして挙げられるのが、文章を普段読み慣れていないことで文章の内容をきっちりと把握できていないという事です。

中学校での文章問題の読解対策には学校から配布される問題集がおすすめです。説明文であれば筆者の意見、物語等であれば主人公の心情などをより深く読み説き、解答や解説を見ながら繰り返し練習します。

なかなか問題集まで手が回らないという生徒さんもいらっしゃいますが、毎日少しずつでいいので設問を解いていくことで自分の読解力の底上げとなります。文章問題が苦手だという生徒さんは、問題集を繰り返し解く事で克服に繋がります。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

こちらでは編集部が中学生へ向けて国語に関した総合的な内容をアドバイスします。

高校受験に向けて内申に入る定期テストがある場合には定期テスト対策を、内申が決まっている場合には受験対策を行い、状況によりきっちりと切り替えることで効率的な受験を対策を行うことができます。

受験が近付いてから対策を始めるのではなく、早い内からの対策が志望校合格への鍵となります。

定期テスト対策

受験には学力検査だけでなく、内申点も非常に重要な要素となりますので内申をあげるためにも、内申に関わる定期テストは高得点を出せるように対策を進める必要があります。

定期テストは範囲を指定されますから、その範囲に合わせて勉強を行い、範囲はすべて教科書から出題されますの教科書をしっかりと熟読すること、また授業で行われた小テストを復習することも効果的です。

当然ではありますが、定期テストの範囲だけ理解できていれば問題ありませんので、テスト範囲をしっかりと確認し効率的な対策を心がけましょう。

受験対策

志望校によって受験対策は異なりますので、自分の志望校の入試傾向、対策を行うことが重要視されます。
試験の出題範囲は中学1年生から3年生まで全ての分野から出題されますので、ただ無作為に問題を解いていくことは大変非効率です。少なくとも過去5年分の過去問から出題傾向を割り出し、効率よく学習を行っていきましょう。

その際に苦手分野に気づくことができれば、苦手を徹底的になくしていくことが重要です。得意分野はもちろん、苦手分野を克服することで平均以上を狙い合格を確実なものにしていきます。

国語に関しては試論的思考力を意識しながら学習することが効果的です。文章問題を解く際には主観が入ってしまわないように客観的な目線で物語を解くことがコツとなります。

志望校への合格を確実なものにするためにも、着々と基礎を身につけていき受験生になった時に慌てることがないように準備していきましょう。

国語の成績を上げたいとお悩みの中学生の生徒さんは、家庭教師の利用をご検討ください

中学生の国語は小学校からの延長教科であり、馴染み深い教科ですが、きちんとした勉強法を身につけていない生徒さんが多いのも事実です。

それぞれの単元に合わせた勉強法を学ぶことで、現在よりも国語の成績が上がることは間違いありません。生徒さん一人ひとりに合った勉強方がありますので、家庭教師を利用することで一番適した勉強法を習得、習慣化を目指しましょう。

現在、多数の家庭教師センターがあり、生徒さんとの相性や家庭の御予算など様々な条件があると思います。お探しの際は家庭教師診断を行い、複数のセンターを比較し検討することでぴったりの家庭教師を見つけることをおすすめします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント