家庭教師・比較くらべーるによる中3国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学3年生
国語の学習内容と勉強法

中学3年生は、基本的に入試試験に向けた勉強対策へと授業内容がシフトしていきます。今回は中学3年の国語の勉強法を、入試対策も意識した内容で紹介いたします。現状の勉強法に不安がある生徒さんは、是非ご覧下さい。

中学3年生の国語の学習内容

・漢文
・古文
・現代文
・熟語
・漢字

中学3年生が国語でつまづきやすい単元と解決法

これから中学校3年生の国語の学習内容についての解決方をご紹介いたします。

漢文は暗記と繰り返しの練習

中学3年生で漢文が苦手な生徒さんは、漢字だけしかない文章に既に嫌悪感を抱いている生徒さんが多いように思われます。しかし、漢文は覚えておくべきポイントを暗記し、練習を繰り返せば、必ず点が取れるのです。

漢文は漢字一文字ずつに意味があり、きちんと順番に従って読まなければ意味が分からないようになっています。そのため、返り点の使い方をきちんと理解し、暗記することが中学3年の漢文を克服するポイントとなります。返り点を完璧に暗記したのち、漢文を訓読文から書き下し文に直す練習を繰り返し行うことで返り点のパターンを覚えましょう。

漢詩は絶句と律詩の2つのパターンがあります。これらを覚えておかなければ問題を理解することができません。そのため、きちんと暗記しておくことが重要になってきます。また、漢詩は押印と対句について問う問題が必ずと言っていい確率で出題されますので、押印と対句に関する問題を学校の問題集や配布されたプリントで繰り返し解いて、パターンを頭に入れておきましょう。

古文は「読む」事が克服の第一歩

中学3年生で古文が苦手だという生徒さんは、現代文の様でそうではない古文に戸惑いを覚え、苦手意識を持っている方が多いと思われます。

中3年の古文攻略の第一歩は「読める」ということが重要になってきます。何度も声に出して読むことで、スラスラと読めるようになってきますので、苦手意識も少しずつ克服されることでしょう。

古文が読めるようになったら、現代語訳を確認します。古文は、現代と言葉の意味が全く異なるものが多数ありますので、文章全体の意味を理解することが重要です。

古文の全体の内容が掴めたら、一文ずつ「主語」を確認しましょう。古文の文章ではよく「主語」が省略されます。分からない時は先ほど確認した現代語訳から確認できれば問題ありません。

以上のポイントを掴むことが古文の克服に繋がります。

入試対策にも役立つ、漢字の暗記は「読み」「意味」「頻度」が攻略の鍵

中学3年生になると覚えるべき漢字や熟語が増えます。入試問題にも漢字の書き取りや読み取り、熟語の意味を問う問題は必ず出題されますので、点数を取るために確実に押さえておくべきです。また、点数が取れる部分が分かっていると自分の中に自信が生まれ、入試問題に対して余裕を持って挑む事が出来ます。漢字が苦手な生徒さんはいらっしゃると思いますが、これは暗記するしかありません。今回は効果的な漢字の暗記法をご紹介致します。

漢字を覚えるにはちょっとしたコツが必要です。まずは漢字を読むことから始めましょう。初めて覚える漢字は見慣れない「言葉」です。その読みを繰り返すことで、言葉として認識することが重要です。

読みを覚えたら、次は漢字の書き取りをしていきましょう。ここでポイントとなるのが、書く回数でなく書く頻度を多くして覚えていく事が大切になってきます。一気に書いて覚えるよりも、頻度を多くして長期的記憶として覚えることが必要です。

また、書き取りを行う際の注意として、ただ漢字を記号として覚えるのではなく、意味も一緒におぼえる事が重要です。漢字を記号ではなく、言葉として覚えるので定着率が早くなります。

暗記法はその人に合った方法もあると思うので、以上のコツを参考に自分なりの暗記法を見つけて、漢字を克服しましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここでは中学3年生へ、編集部が国語の全体のアドバイスをします。

内申に関わる定期テストがまだ終わっていない場合には定期テスト対策も気を抜かずに行う必要があります。もちろん志望校合格のために受検対策をしっかりと進めていかなければいけない時期でもありますので、定期テストと受検ははっきりと分けてそれぞれに適した方法で勉強に取り組みましょう。

時期によって優先順位をつけることも重要なポイントですよ。

定期テスト対策

定期テストの勉強はテスト範囲の内容を教科書などの教材を使って行うことが基本です。普段の宿題や授業内で行われた小テストの問題も活用できるので参考にしてみてください。

もし教科書を読んで意味が分からない、問題が解けないという状況であれば、指定されているテスト範囲より前の単元や分野から復習をしましょう。基礎が身についていなかったり、テスト範囲より前の分野でつまづいていることが原因となっている可能性があります。一度戻ってみることも大事ですので、焦らず取り組むことをおすすめします。

定期テストではテスト範囲の問題をクリアできれば問題ありません。最低限テスト範囲内の問題は解けるように準備をしておきましょう。

受験対策

志望校に適した学習法が受検対策には必須です。過去問を十分に活用して入試の傾向やポイントをしっかり掴んでおきましょう。

また、数多くの過去問で練習をすることで問題に慣れることもできます。中3の国語では漢文や古文に苦手意識を持っている生徒さんも多くいらっしゃいますので、慣れることで苦手意識を克服することも期待できるでしょう。

暗記も大事な科目にはなりますが、身近ではないからと拒否するのではなく理解し楽しむ姿勢が国語の力を身につけるためには必要です。自信も強みになりますので、前向きに勉強しましょうね。

つまづきやすい単元なども参考にした勉強法で受検までに可能な限り苦手分野をなくし、志望校合格を掴み取りましょう。

現在の国語の学習法に不安のある中学3年生のみなさん、家庭教師をご検討ください

高校入試を常に念頭に置く中学3年生で、国語の勉強法がよく分からないという生徒さんは、家庭教師を頼ることもご検討ください。

国語は基本的に成績の伸びやすい教科となっておりますが、文章を読む事に苦手意識を持っていたり、暗記がに苦手だったりと、得意不得意がはっきりと別れる教科です。国語の苦手な生徒さんは、国語の勉強法が身についていない事が多いため、国語の勉強法が身についている生徒さんよりも勉強する必要があります。

生徒さん一人ひとりに対応した学習法を家庭教師が丁寧にご提案致します。また、家庭の御予算や、複数の家庭教師センターが存在いたしますので、比較検討することをおすすめ致します。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント