家庭教師・比較くらべーるによる中3理科のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学3年生
理科の学習内容と勉強法

こんにちは。こちらでは家庭教師・比較くらべーるが、「中学3年生・理科の学習内容と勉強法」をまとめ、よくある悩みを取り上げてみました。ぜひご参考にしていただき、入試までに着実に学習を進めましょう。

中学3年生の理科の学習内容

中学3年生の理科の分野と詳細

第1分野
・運動とエネルギー(運動の速さと向き、力と運動、エネルギー)
・化学変化とイオン(酸化と還元、化学変化とエネルギー)
・科学技術と人間(先端技術、コンピュータ)

第2分野
・生命の連続性(細胞のつくりと成長、生物の増え方)
・地球と宇宙(天体の1日の動きと地球の運動)
・自然と人間(生物の生活とつながり)

中学3年生が理科でつまづきやすい単元と解決法

次に、中学3年生の理科の学習内容でつまずきやすい単元とそれを点数に繋げる方法をお知らせいたします。より良い学習方法に近づくヒントにして下さい。

「運動とエネルギー」の計算問題について

「瞬間の速さ」と「平均の速さ」の違いを教科書やワークを読んだり問題を解いてみて、理解することが大切です。

また、「時間と移動距離のグラフ」と「時間と速さのグラフ」の違いもきっちり学習したいところです。縦軸と横軸にはどんな数値が書かれているかを把握し、グラフを読み取る力をつけて下さい。

この単元で扱う「仕事」は「力の大きさ×力の向きに動いた距離」だと理解して下さい。どうしても問題を理解するのが難しい場合は、単純に力の大きさ(N)と距離(m)を問題文から見つけ出して掛け算をすれば解けることが多いと思いますので試してみてください。

「化学変化とイオン」が苦手な人の解決法

まずは、記号を見てパッと名前が分かるようになるまで、全てのイオンの記号を覚えましょう。次に、電気分解のパターンをすべて覚えましょう。「塩化銅水溶液の電気分解」「塩酸の電気分解」「水の電気分解」の3つのパターンです。化学式を覚えると共に、陽極と陰極どちらにどんな物質が発生するかを即答できるようにしましょう。

酸化・還元反応の学習では、この2つは同時に起こっていることを理解しましょう。そして酸化銅と炭素の反応が頻出ですのでしっかり押さえましょう。

「遺伝」が苦手な人の解決法

遺伝と聞くだけで難しそうなイメージを持ってしまう生徒さんが多いのですが、実はこれも出てくるパターンを理解すれば、誰でも簡単に問題を解くことができます。優性の形質を「A」、劣性の形質を「a」として図を書いて解く練習を繰り返すと、応用問題も解けるようになってきます。

身近に感じられる面白い単元ですので、自分の家族について思いを巡らせながら問題を解いてみるなど、興味を持って取り組んでみてください。

中学3年生の理科全般が苦手な人の解決法

「細胞と生物のふえ方」の単元が、親しみ易く比較的点が取れやすいと思われます。とりあえず暗記して問題に繰り返し取り組んでみて下さい。

生物の成長は2段階で進むところに注目しましょう。第一に細胞の数が増え、第二にその1つ1つの細胞が大きくなります。また、体細胞分裂と減数分裂の違いも理解しましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここからは中学3年生のみなさんに向けて、編集部から理科の総合的なアドバイスを行います。

中3になるといよいよ受験が迫り対策も受験メインとなることでしょう。しかし、内申点の範囲となる定期テストがまだ残っている場合には定期テスト対策にも気が抜けません。目的や目標に適した対策を進めていきましょう。

対策をする上ではより明確に目的を分ける必要があります。何に力を入れるべきなのか、状況を把握してから取り組むことで志望校への合格ラインへ近づくことができるでしょう。

定期テスト対策

既に内申に関わる定期テストが終了している場合には不要となりますが、まだ中学3年が始まったばかりの場合には内申点に影響する定期テストなのかを確認した上で対策を行う必要があります。

基本的には定期テストではテストの範囲となっている単元を勉強し、解けるようになっていれば問題ありません。テスト範囲の中での苦手分野をなくす勉強を行ってください。勉強の際には学校の教材や宿題・小テストの問題を復習することが重要です。

もし問題が解けない状況であれば一度テスト範囲より前の単元を勉強しなおす必要がありますので時間的にも余裕のある定期テスト対策ができるように心がけましょう。

受験対策

志望校が決定する時期でもありますので、行きたい・受験したい学校が決まり次第、今までの過去問をできるだけ多く解いて問題の傾向や解くコツをしっかりと掴んでおきましょう。

長年の傾向が同じ高校や年々変更となっている高校など様々ですので注意が必要です。直近の問題から遡る流れで練習をするとより効果的です。

暗記が前提となる中3の理科は暗記が苦手な生徒さんには厳しいかもしれませんが、「細胞と生物のふえ方」や「遺伝」など身近で親しみやすい分野をまず克服することで楽しさを生み出すことができると思いますので是非トライしてみてください。

苦手な分野を克服し自信をつけることができる受験対策で志望校合格を目指しましょう。

理科を得意にしたい中学3年生は、個別指導でしっかり寄り添ってくれる家庭教師と学習してみませんか。

理科の学習内容を進めつつ、受験勉強にも取り組んでいく中学3年生の時期は、取り掛かりやすい暗記だけに力を入れていると頻出の計算問題まで手が回らない場合があります。受験までにやるべきこと全体を把握し、かつ自分の苦手や定期テスト対策にも取り組む勉強の仕方を確立していく必要があります。

こちらでお子様やご家庭の様子をお聞きしながら、ピッタリの家庭教師センターをご紹介いたします。様々な家庭教師センターがありますので、他のセンターも一緒に請求していただき、より充実した学習環境に近づけてください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント