家庭教師・比較くらべーるによる中3社会のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学3年生
社会の学習内容と勉強法

中学3年生は社会では昭和初期からの日本の歴史と新たに公民という分野を学習します。公民は幅拾い知識が必要な分野で今まで順調に社会の学習を進めていた人でもつまづく場合があります。これから公民を学習する人や現在学習しており伸び悩んでいる人、昭和初期からの日本の歴史の理解が不十分な人にむけて、学習内容と対策についてお話します。今後のお役にたてると思いますので、ぜひご覧ください。

中学3年生の社会の学習内容

社会の学習内容

《歴史》
・二度の世界大戦と日本
・現代の日本と世界

《公民》
・わたしたちの生活と現代社会
・人間の尊重と日本国憲法
・現代の民主政治と社会
・わたしたちのくらしと経済
・地球社会とわたしたち
・よりよい社会をめざして

中学3年生が社会でつまづきやすい単元と解決法

中学3年生で学習する内容から特につまづきやすい単元を解決方法をご紹介します。

日本と海外の事情が複雑に入り組んだ世界大戦(歴史:二度の世界大戦と日本)

二度の世界大戦と日本を学習する時期は部活動が忙しい時期とも重なり、混乱する生徒が多いです。世界大戦へと進んだ日本の状況や海外の事情が複雑に入り組んでおり学校の授業についていけない生徒もでることがあります。

暗記する前に状況の整理を行ないましょう。理解していない状態で暗記しようとしても頭に入ることはありませんので、どのように時代が進んでいったのか、また誰が何をしたのかなど丁寧に理解していきましょう。

多岐にわたる問題(歴史:現代の日本と世界)

現代の日本と世界では、冷戦以降の日本について様々な視点から学習していきます。戦後の高度経済成長期からバブル崩壊などの経済事情、公害、マスメディア、諸外国とのかかわりなど多岐にわたります。

学習内容の幅が広いため混乱しがちですので、時代の流れを捉えつつ人々がどのように変わっていったのかを抑えていきましょう。公害やマスメディアに対しては、自分なりの考えをもちながら学習するのもいいかもしれません。

身近な問題におきかえて考える問題(公民:人間の尊重と日本国憲法)

中学3年生になり新たに公民を学習し始め、最初に躓く人が多い単元と言われているのが人間の尊重と日本国憲法です。憲法を知ることでどのように人間の尊重が守られているのかを理解したり日本とはどのような国なのかを理解したりします。

どの法律が現代のどの考え方に結びついているのかなど、実生活に置き換えて考えていくようにしましょう。身近な問題として捉えた方が理解や記憶を深めることができます。

選挙制度(公民:現代の民主政治と社会)

現代の民主政治と社会では選挙制度や国会について学びます。社会人になる上で知っておくべき大切な内容なのですが、選挙制度を複雑だと感じる生徒や国会の仕組みについて暗記できない生徒も多いです。

日ごろからニュースや新聞に興味をもってみましょう。今、起こっている現代社会の事象と結びつけて考えることで理解しやすくなります。選挙制度は名称だけでなく、それぞれの仕組みや特徴、問題点もおさえましょう。また国会については衆議院、参議院の人数や法律の決め方などの仕組みも問われることが多いので理解しておきましょう。

経済の仕組み(公民:わたしたちのくらしと経済)

わたしたちのくらしと経済は公民分野の中で苦手とする生徒が最も多い単元といっても過言ではなく、学校の授業についていけない人もいます。

経済の仕組みについて、まずは理解を深めていきましょう。教科書の文面だけでは理解できない生徒も多いので分からないことは必ず質問し丁寧に学習していきましょう。特に円高における貿易の影響を理解するのが苦手な人が多いです。通貨価値が変動することで、輸入や輸出における利益がどう変わるのか具体的な数字を例にして考えてみるといいでしょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

こちらでは、編集部より中学3年生へ社会に関する総合的なアドバイスをします。

受験を控えた中学3年生は受験対策がメインとなりますが、まだ内申点に関わる定期テストが残っている場合には定期テスト対策にもしっかりと取り組む必要があります。

目的に適した対策を行うとこで志望校合格への道が切り開かれますので、各目的をはっきりと区別させることが大事です。特に志望校合格ラインに届いていない方は是非各対策を参考にしてみてください。

定期テスト対策

定期テストの点数をより確実に取るためには、学校で使っている教材や授業の中で出された小テストの問題や宿題の問題を使ってテスト範囲の勉強をしましょう。

実際に解いてみて全く分からない場合にはテスト範囲より前の範囲に戻って復習をしてみましょう。分かるところまで戻って復習することがポイントです。基礎がしっかりと身についていないと応用問題ももちろん解くことはできないので、解ける範囲まで遡ってみましょう。

定期テストではテスト範囲の問題が解けて点数に繋げることができればOKなので、こちらのページで紹介しているつまづきやすい単元や対策で該当する点があればしっかりと確認した上で取り組んでみてください。

受験対策

受験対策のポイントは志望校の入試傾向を捉えた勉強ができるかどうかです。

各都道府県や志望校によって適した対策も異なりますので、受験する高校で今までにどのような問題が出題されているのかや問題の傾向をしっかりと把握しておきましょう。過去問を使った勉強法によって傾向や問題を解くコツを掴むことができます。

社会に関しては中学3年生から新たに「公民」が加わることで苦手意識を持ったりつまづいてしまう生徒さんも多いです。歴史では中学1・2年生の延長でつまづいている生徒さんも少なくありません。『社会=暗記』と思われがちですが、何よりも『理解』することが大事な科目ですので理解しながら覚える努をしましょう。

より多くの問題を解くことで問題への慣れもでてきます。自然と苦手意識も軽減されますので、最後まで諦めずに取り組んでいきましょう。

受験にむけて社会に力をいれたい中学3年生の人は家庭教師を検討してみてください。

中学3年生の内容を学習しながら、既習内容の復習も両立していかなければいけません。苦手単元を克服できずに悩んでいる人は特に早めに対策を練る必要があります。内申点を重視した選考制度をとっている高校も多いので中学3年生の夏休みを過ぎてから頑張ればいいというわけにはいきません。学習に悩みを抱えている人は一刻も早く家庭教師を検討してみてください。

中学1年生や2年生の内容を身につけることができていない人は家庭教師に相談して早急に復習をしましょう。また中学3年生内容は要点を抑えながらできるだけスムーズに理解し暗記に時間を充てられるようにし、多くの問題を解きましょう。家庭教師があなたにぴったりとあった学習方法を提示し一緒に合格を目指してくれます。

まずはぴったりな家庭教師の診断を行い複数の家庭教師センターを比較検討してみてください。より生徒さんの状況に合わせ家庭教師に出会えるよう、不明な点がありましたら担当者が親身になって対応いたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント