家庭教師・比較くらべーるによる中1国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学1年生
国語の学習内容と勉強法

国語といえば小学校からの延長教科で慣れ親しみのある教科ですが、国語の勉強法でお悩みの生徒さんが多いのも事実です。実は、国語の学習内容は中学3年間を通して内容の変化はあまりありません。すなわち、中学1年生で国語の勉強法を掴めば中学3年間、安定した成績を出すことができるのです。今回はそんな勉強法を少しだけご紹介いたしますので、是非ご活用ください。

中学1年生の国語の学習内容

国語の学習内容

・説明文
・随筆文
・物語文
・漢字
・熟語

中学1年生が国語でつまづきやすい単元と解決法

国語といえば文章問題ですが、文章問題は大きく3種類に分かれており、それぞれ文章構成が違うので問題の解き方は3種類とも違います。そのため、文章問題の解き方が分からないという生徒さんも多いです。今回は中学1年生で特につまづきやすい【文章問題】について解決法をご紹介したいと思います。

文章問題

国語といえば文章問題ですが、文章問題は「説明文」「随筆文」「物語文」の大きく3種類に分かれています。

それぞれ文章構成が異なるため、文章問題の解き方が分からないという生徒さんも多いです。問題の解き方は各文章の種類によって変わりますので、それぞれの特徴をしっかりと理解し、つまづきを解消しましょう。

説明文は「作者の主張」をとらえる

説明文では、使われている単語が専門用語の場合、読むだけで意味が分からないという生徒さんが多いです。

しかし、実は説明文は作者が気付いたり発見した新しいことを読者に伝えるために書かれている文章ですので、どんなに単語が難しく、書かれている文章が回りくどくても、「作者の主張」という物さえ発見できれば簡単なのです。

作者の主張は文章を通して一貫していますので、何度も出てくる言葉や主張にアンダーラインを引くことで、作者の主張を把握することができます。

随筆文は「事実」と「作者の意見」を分ける

随筆文では清小納言の「枕草紙」が有名です。
随筆文とは自分の体験を事実と作者の意見を元に書かれた文章で、「枕草紙」も清小納言の日常の体験(事実)を元に清小納言の意見が書かれています。

文章の構成さえ理解できれば、あとは段落の内容が「事実」なのか、「作者の意見」なのかを確認すれば問題を解くことができます。

一貫性があるようで内容が捉えきれない随筆文を苦手とする生徒さんが多いですが、この分離法をマスターすれば、随筆文攻略も簡単です。

物語文は「主人公」を追う

物語の文章には必ず主人公が存在します。

「主人公」を軸にして物語が展開され、問題の構成も主人公を基盤にするので、主人公の心情等を問う問題が複数題必ず出てきます。

主人公の心情という漠然とした問いに戸惑って苦手意識を持つ生徒さんが多くみられますが、その場合は主人公の行動や心情が書かれている文章に印やアンダーラインを引いてしっかり整理することで、主人公の気持ちを掴むことができます。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここからは、編集部が中学1年生への国語に関連する全体的なアドバイスをいたします。

公立中学校に通う中学1年生の皆さんは受験のことを考えて学校生活を送っているでしょうか。まだ1年生ということで関係ないと思っている生徒さんもいるかもしれませんが、早い段階から受験を意識し準備することでゆとりを持って受験に臨むことが出来ます。

先ずは内申点に加算される定期テスト対策を行い内申点をあげていきましょう。今の自分の現状をしっかりと理解し、今自分は何をするべきなのかをしっかりと判断することで効率的な学習方法を行うことができるはずです。

定期テスト対策

定期テストは内申点に関わる重要な試験ですから、今から対策を行うことで志望校への合格が見えてきます。
定期テストに出題される範囲は授業で必ず学習したことのある内容ばかりですので、授業はしっかりと聞き、教科書や小テストを復習しておきます。国語に関しては授業で行われた文章から出題されますので、何度も読み返し問題を解いていきましょう。漢字や文法に関してはしっかりと暗記していれば高得点を狙うことも出来ます。

定期テストはテスト範囲のみを勉強し対策すればいいので、必要な内容だけ効率的に行いましょう。

受験対策

受験対策は受験する高校によって試験内容や重要視される内容も異なってきます。志望校に合格できるラインを見極め、そこに到達するにはどうする必要があるのか現状を把握し対策を行っていきましょう。

まずは志望校の過去問を解くことから始めます。もちろん、同じ文章が出題されることはありませんが、過去問を解くことによって問題形式に慣れ、文章力を身につけることができます。また実際に時間を計りながら解くことで、時間配分を把握することもできるのです。

苦手な分野があるなら苦手を徹底的になくし、必要なことを見極め学習を行うことで効率的な受験勉強を心がけることをおすすめします。きっと志望校合格へ近づくことができるでしょう。

今よりも国語の成績を上げたい中学1年生のみなさん、家庭教師を検討してみませんか?

小学校からの延長教科ではありますが、国語が苦手という中学1年生の生徒さんが多いのも現状です。

国語という教科は問題の解き方の基礎ができていれば点数が取りやすい科目となっていますが、国語が苦手という生徒さんはその基礎ができていないのです。

基礎は学校で教えて貰うものだという考えがあるかもしれませんが、学校の教室での学習は集団教育です。生徒さん一人ひとりに個性があるように、それぞれの生徒さんに適した勉強方も異なります。生徒さん自身も分からないまま悩んでいる現状を打破し、楽しく学習できる方法が分かれば勉強の楽しさが分かってくるでしょう。

また、現在は家庭教師センターは多数あり、どの家庭教師センターを選択すれば良いのか分からないという方もたくさんいらっしゃいます。一度、家庭教師を診断してみて複数の家庭教師センターを比較検討することで、生徒さんにぴったりの家庭教師を探してみてはいかがでしょうか。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント