家庭教師・比較くらべーるによる高3国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高3
国語の学習内容と勉強法

ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校3年生の国語の学習内容・勉強法についてお伝えします。大学受験を控え、さらに成績を上げたい、苦手意識を取り除きたいと考えている皆さんは是非参考にしてください。

高3の国語の学習内容

高校3年生 国語の学習内容

現代文
・随想
・小説
・評論
・詩
・短歌、俳句
・表現(読む、書く)
・漢字
・文法

古文
・説話
・随筆
・詩歌
・物語
・文法

漢文
・訓読
・故事、故事成語
・唐詩
・史話
・論語

高3が国語でつまづきやすい単元と解決法

高校3年生の国語では、大学受験対策として総仕上げの段階に入ります。ここでは高校3年生の国語の学習内容の中から、特につまづきやすい単元、その勉強法をご紹介していますので、是非参考にしてください。

漢字について

点数に直結しやすいく、現代文に限らず、古文・漢文でも基本となる漢字の勉強が疎かになっている生徒さんが少なくありません。漢字の勉強法をしっかり理解していない生徒さんが多く、取りこぼしの多い問題です。

漢字の止めや払い等、細部までしっかり理解し、間違いやすい漢字についてもしっかり区別する必要があり、漢字の意味もきちんと覚える事でより理解が深まり、いきなり文章の中で漢字が出てきても、しっかり意味を理解していれば大きなヒントになり得ます。

すぐに多くの漢字を覚える事は出来ませんので、日々の積み重ねが大切な問題です。

記述問題に対する苦手意識

定期試験や入試では点数の割合が高い記述問題ですが、避けて通っている生徒さんが多いのが実情です。見当違いの解答をしてしまう事で苦手意識が生まれやすい単元ですが、解き方をマスターすれば容易く解答できるようになります。

まずしっかり設問を読み、問題が何を意図しているのか、何を聞きたいのか読み取ります。それから、自分が伝えたい内容をしっかりまとめ、文章の丸写しにならないよう注意しましょう。そして問題の条件に合わせた文章に整えます。

特に、設問の条件に合わせた文章にするには、しっかり仕上げる必要があります。例えば、理由を問われていたら、語尾は「~から」になります。体言止めではせっかく内容が合っている解答でも完答にはなりませんので最後までしっかり見直す癖をつけましょう。

古文について

古文に対する苦手意識は多くの生徒さんが抱いています。しかし、古文は頻出であり取りこぼしのないようにしたい単元です。
古文の問題を解くにあたり、核となる2つのポイントがありますので確認をしておきましょう

【品詞分解をしっかり行う】
文章を読む時にまずはしっかり品詞分解を行いましょう。基本となる文型をしっかりマスターしておく必要があります。
【古語の意味を理解する】
古文では頻出の単語はある程度決まっています。現代語ほど数が多くありませんので、まずはしっかり覚えてしまいましょう。古語の意味がしっかり理解できていれば、初見の文章も容易に読み解くことができます。

漢文に対する苦手意識

古文と同様、苦手とする生徒さんが多いのが漢文ですが、こちらも必須の単元です。
漢文の場合は、訓読をしっかり理解し、句法をマスターすれば、多くの文章を読み解くことができます。現代文と違い、良い意味で機械的に問題を解く事のできる分野ですので、多くの問題をこなす事で慣れていきますので対策をおこなっていきましょう。

最初は一文だけ、短い文章でも構いませんので、声に出して読み漢文に慣れていきましょう。

語彙力に対する不安

知らない言葉をそのままにしていると、せっかく解ける問題も答えに結び付きません。日頃から辞書を使用するように心がけましょう。一つの言葉を調べると、類義語や反対語も覚える事ができます。
語彙は知っていて損はありません。現代語、古語、漢語どれを取っても、語彙力が豊富であれば、より多くの文章を読む事ができ、多くの解答を書く事ができます。

地道に覚えていく必要のある語彙ですので、早いうちから習慣化するようにしましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校3年生の皆さんへ、国語の勉強法に関するアドバイスをします。

受験を控え、定期試験や受験対策に力を入れている皆さんへ、とにかく基本に戻る事が大切であるとお伝えします。
漢字をしっかり書いて覚え辞書を使用する癖を身につけ、設問をよく読み文章を的確に分析することなど、小学生や中学生でも行っている学習の延長線上にあるのが今の学習内容です。
多くの文章に触れ、言葉を知り、多くの問題を解く練習をしてください。日頃からアンテナを張って、多くの日本語に触れるようにしましょう。

定期テスト対策

定期テストは受験の予行演習になります。時間配分、文章の読み方、ケアレスミスがないか、しっかり集中して臨めるように準備をしましょう。そのために、範囲内の既に学んだ文章に関してはとにかく何度も読んで覚える事が大切です。古文や漢文は実際に声に出して読むことも有意義な学習方法です。

新出の文章に関しても、とにかく多くの問題に触れておきましょう。自分に合った解き方をしっかりマスターしておく事で、様々な文章をしっかり分析できるようになります。

受験対策

定期テスト対策と同様、試験で出てくる一つひとつの語彙、文章をしっかり読み解きましょう。そのために日々、語彙力と漢字習得の量を増やしていけるようにコツコツと地道に覚えていく必要があります。
また多くの文章を読んで、自分で要約する癖をつけておく事で文章題にも慣れる事ができます。述問題対策として自分で文章を実際に書く練習も欠かせません。

読み、書き、伝える事をしっかり基本で押さえて問題を解いていけるようにしましょう。

また受験対策としては時間配分が非常に重要となってきますので、試験当日の時間を設定して過去問を解いておきましょう。点数配分や自分の苦手な分野などを考慮し、進めていくことで効率的に問題を解いていくことができます。

受験を控え国語学習の総仕上げをしたい高校3年生の皆さんには家庭教師が有効です。

受験をまもなくに控え、しっかり対策を行いたい皆さんには家庭教師がお勧めです。受験までの限られた時間の中で復習したい箇所、強化した箇所など自分に合った方法を提案してくれる家庭教師なら、安心して学習を進める事ができます。1対1での学習は、勉強に対する我儘を解決してくれます。

また、一つの家庭教師センターに限らず、様々な家庭教師センターを比較検討する事で、自分に合ったセンターが見つかるはずです。是非多くのセンターの資料を請求し、検討してみてください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント