家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

お子さんの勉強方法、本当にそのままで大丈夫?

お子さんの勉強方法を今一度見直してみましょう。

受験へ向けてのラストスパートに入る前の今の時期こそが、勉強方法の見直しをする絶好のチャンスです。必要に応じて立て直しを図り、志望校への合格を目指しましょう。

受かる勉強法?落ちる勉強法?

受かる勉強法は、目標とする学校の入試範囲を確実にマスターしていく勉強法です。一方、落ちる勉強法は目標とする学校の入試範囲を外れて学習を進めていく勉強法です。

大人であれば、英語学習を例に考えてみると分かりやすいと思います。

TOEICでの高得点を目指している人が、日常会話や英検、TOEFLの学習を中心に学習に取り組んでも高得点にはつながりません。TOEICにはTOEICのため対策が必要です。つまり、目標を定めたらその目標に到達するために必要な対策を見誤らないことが大切です。

なぜ見直しが必要なの?

学習を続けていながらポイントポイントで見直しが必要な理由は、お子さん一人ひとりの理解の度合いを確かめて再度学習の進め方を立て直す必要があるからです。

ポイントを逃さず見直しを行うことで、合格へと近づくことができます。

どうやって見直せばいいの?

実際に見直しに取り掛かるとして、どうすればよいのでしょうか?

まずは、模試の結果を確認してみましょう。模試は結果が数値に表れる分、今の勉強方法の是非を明確に判断することができます。

また、お子さんは模試を受けた際に自分ができた・できなかった部分をきちんと把握できているでしょうか?把握できているお子さんは次にやるべきことが分かっているはずですので心配ありませんが、把握できてないお子さんは要見直し対象です。

できたかできていないかが自分で分からないお子さんは、理解の積み重ねが足りてないと判断することができます。こういった場合は、どの部分ができているのかできていないのかを一つ一つ確認していく作業が必要になります。

家庭教師との併用も効果的

ご家庭でのサポートが難しい場合は、学校や塾と併用して家庭教師の力を利用してみください。目標への照準を合わせ、理解を一つ一つ積み重ねるサポートが期待できます。

理解を積み重ねることで、今より高い学力とそれを使いこなせるだけの知力、そして合格が待っています。

学習支援金プレゼント